新卒エースの年収公開

わずか1年で課長代理に昇格した
2017 年新卒エース!
就活生が気になることに
本音で答えてもらいました!

Yuichi.Yヘルスケア事業部 課長代理

2017年に新卒として入社し、お客様にサービスを案内する電話営業を担当。入社後、営業成績がみるみると上がり、わずか1年で課長代理に昇格を果たした。個人目標達成の他、累計成績や部署達成など、優秀な成績を納めている。

QUESTION1Wizを選んだ理由は?

インタビュー風景

コミュニケーション能力を伸ばしたいと思ったからです。
学生時代は陸上競技に打ち込んでいたのですが、どちらかと言うと個人競技だったこともあり、人前で話すスキルや、コミュニケーション能力にはあまり自信がありませんでした。 だからこそ、就職活動の際には、今の自分にない力を伸ばせる企業で働きたいと考えて企業選びを行っていました。色々な業界の企業から話を聞くうちに、テレマーケティングであれば会話の場数をたくさん踏めるので、自分に不足しているコミュニケーション能力を磨けると思い、Wizへの入社を決めました。

QUESTION2スキルを伸ばすために
行ったこととは?

元々話すのは苦手だったので、始めのうちは「繋がらないでくれ!」と内心思いながら電話をかけていました(笑)。正直、電話が繋がるのが怖かったです。

ただ、Wizでは営業成績がランキングとして公表されるので、負けず嫌いな自分は、自分より上位の人がいるのが嫌で仕方がなかったんです。そこで、他の新卒メンバーより早く出社し、上司の隣の席は絶対に誰にも渡さないようしながら、上司がお客様と話している内容を隣でずっと聞いていました。良いなと思ったことは直ぐにメモを取り、それを真似するということをずっと続けていました。上司は説明の仕方や言い回しがとても上手で、話のテンポも良かったので、トークのログを何度も聞いて勉強しました。

QUESTION3元々、
責任者を目指していた?

元々は一般社員として成績トップを目指そうと考えていたので、責任者になりたいとは思っていませんでした。入社して半年位経った頃に係長に昇進するお話をいただいたときも、受けるかどうか迷いました。ですが、当時の上司に相談した際に「チャンスがあるなら、やらなきゃもったいないよ」と言われ、色々と話していく中で係長になることを決めました。

係長になってからも、“いずれ課長代理に”という話は上司からいただいていました。入社して丁度1年後の4月に課長代理へ昇格したのですが、決まったのは本当に直前です。3月の中頃に「昇格できないかも?」と思ったときに凄く嫌な気持ちになって、自分の中で“課長代理になりたい”という気持ちが強いことに気付きました。やっぱり、昇格することに不安はありましたが、課長代理になるための準備はずっとしていたので、覚悟はできていました。

QUESTION4課長代理になるために
取り組んだことは?

業務風景

近くにいる上司の動きを、ひたすら真似することです。自分自身の業務をこなしているのはもちろんですが、上司は視野がとにかく広くて、部署の誰が何をしているのかを完璧に把握しているんです。この人の動きを見て真似すれば、間違いないと思いました。それ以外にも、次長が声を掛けくださって、今後成長していくために必要なことを教えてくださいました。

QUESTION5昇進するときに不安はあった?

課長代理になると10数人の部署を纏めると聞いていたので、不安はありましたね。最初は5~6人の部署から始めたいなと(笑)。やっぱり、10人以上の部下を持つことへのプレッシャーは感じました。部署として、これまで自分個人が追っていた目標の3~4倍の数字を追わなければいけないので、数字の面に対しても、最初はかなり不安でしたね。でも、危機感がある分、成長もできると思います。

QUESTION6昇格して変わったことは?

営業だけではなく、色々な対応も求められるようになったので、単純にやるべきことが増えました。部下をまとめたり、指導したりという部分ではまだまだ力不足なので、他の責任者の皆さんが指導しているところを見て勉強しています。Wizへ入社して1年が経ち、苦手だった人前で話すこともできるようになりましたし、滑舌も良くなりました。就活時には無かったコミュニケーション能力も伸ばせたと思います。それでも、やっぱり「まだまだこれからだな」とは思いますね。

QUESTION7現在の目標は?

自分を指導してくれた上司を超えるような存在になることです。部署には新卒が6名入ってきたので、部署の数自体を増やし、新卒の中から責任者を輩出したいと思っています。課長代理になって2ヶ月が経った頃から、部署の目標を達成するためには、細かい作戦よりも部下とのコミュニケーションが一番重要だと気付きました。その一環として、部下の数字をいち早くチェックし、あとどれ位で目標を達成できるのかのコメントを付けて共有しています。他にも、月末最後の1週間は“コミュニケーション強化週間”のような感じで、日替わりでメンバーを変えながら、毎日部下と一緒に朝食を食べてから稼働しています。

QUESTION8一般社員、係長、課長代理と
昇格して、
給与はどう変わった?

最初に給与テーブルが上がったのは入社して3ヶ月目のときです。2ヶ月目の時点で当時の目標を達成できたので、3ヶ月目はもっと高い目標を達成すると自分の中で決めていました。無事に目標を達成し、給与テーブルを上げるのに必要な結果を出せたことで、初めて固定給を上げることができました。
その後、係長・課長代理へ昇格したことで更に給与テーブルは上がりました。さらに、課長代理になってからは、福利厚生で住宅手当ももらえるようになりました。個人の成績だけでなく、部署が目標達成をしたことへのインセンティブもあるので、責任者になってからもやりがいを感じられます。

Wizは、どれ位の結果を出せばインセンティブがもらえるのか、どこまで成績を上げれば給与テーブルが上がるのかが明確なので、非常にモチベーションが高まります。

QUESTION9就活生へのアドバイス

「自分はこうだから」と最初から決めつけないで、色々な業界や企業を見てから、自分に合うところを見つけてほしいなと思います。

毎月の給与を公開!

給与グラフ

ターニングポイント

  1. 入社1ヶ月~2ヶ月:月給約 24 万円(基本給23万円+インセンティブ)

    入社1ヶ月~2ヶ月
    月給約 24 万円
    (基本給23万円+インセンティブ)

    入社3ヶ月~6ヶ月:月給約 25.5 万円(基本給24万円+インセンティブ)

    入社3ヶ月~6ヶ月
    月給約 25.5 万円
    (基本給24万円+インセンティブ)

    入社7ヶ月~9ヶ月:月給約 31.5 万円(基本給27万円+インセンティブ)

    入社7ヶ月~9ヶ月
    月給約 31.5 万円
    (基本給27万円+インセンティブ)

    point1係長に昇格し、固定給がUP!営業マンとしての実力の伸び、インセンティブも増加。
  2. 入社10ヶ月:月給約 55 万円(基本給23万円+インセンティブ)

    入社10ヶ月
    月給約 55 万円
    (基本給23万円+インセンティブ)

    point2個人目標達成インセンティブの他、累計成績へのインセンティブや部署達成のインセンティブなどが重なり、過去最高の給与額に!
  3. 入社11ヶ月~12ヶ月:月給約 32 万円(基本給23万円+インセンティブ)

    入社11ヶ月~12ヶ月
    月給約 32 万円
    (基本給23万円+インセンティブ)

    入社13ヶ月~:月給約 34 万円(基本給30万円+インセンティブ+住宅手当)

    入社13ヶ月~
    月給約 34 万円
    (基本給30万円+インセンティブ+住宅手当)