人材育成TALK

人材育成に注力するWizに不可欠な人材開発課×教育部。
異なるアプローチから人材教育に携わる2部署が
目指している研修制度や、育成目標とは?

人材育成 メンバーサムネイル1

Ono.M
(教育部)

1990年6月生まれ
2013年入社 / 課長
「根性・自発性がピカイチの超スーパーレディ」(Watanabe)
×アイコン
人材育成 メンバーサムネイル1

Watanabe.K
(人材開発課)

1987年6月生まれ
2012年入社 / 課長
「wiz人事の屋台骨を作ったプリティウーマン」(Takase)
×アイコン
人材育成 メンバーサムネイル3

Takase.R
(人材開発課)

1979年3月生まれ
2015年入社 / 係長
「実力者でありながら、謙虚な心のオーラ輝く人!」(Ono)

現在の仕事内容は?

人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

私たち教育部では、営業部所属の方々が「営業の数字を上げていくため」の教育を担当しています。入社直後の配属研修や、営業で成績が伸び悩んでいる方向けの研修などが主ですね。扱う商材のことから、営業の流れ、話し方のコツなどを教えています。

私も中途で入社した際に小野さんに営業研修をしていただいたのですが、おかげで安心して仕事に入れましたし、その後もこまめに声をかけていただいたのが嬉しかったですね。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase

Onoさんのすごいところは、担当部署のほぼ全員のコールの録音を、1人ひとり聞いて分析しているところですよね!

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

ありがとうございます(笑)。ロールプレイングで研修もするのですが、ロールプレイングだとどうしても「作ってる感」が出てしまうので、録音をチェックしています。

そうですね。実際にお客様にお電話をする時と社内の練習とでは全く同じとはいかないですよね。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

そうなんです。私は2年前に、教育部を立ち上げた以降、手探りで教育研修の基盤を作り上げてきたのですが、最近、数字が伸び悩んでいる人の「傾向」が掴めるようになってきました。こういったノウハウを更に収集して対応策を考えていけば、今まで以上のスピードで、数字に強い営業マンを育てていけるかと思っています。人材開発課の研修は、またスタンスが違いますよね?

人材開発課では、営業活動で必要となる商材の知識やご案内の方法といった営業の基礎にあたる研修は行っておらず、社会人スキル全般に関わるような研修を実施しています。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase

人材開発課の研修は、将来的に役立つスキルや知識、そして人間力の向上を目指しているもので、総合的な能力の底上げを目的としています。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

総合力の底上げ!大事ですよね。

そうですね、スキルを身に付けてもらうというのもあるのですが、社会人としての大枠の考え方のベースを築いているといった感じです。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe

人材開発課の研修は目の前の数字を伸ばすための営業に特化した研修ではありません。そういった研修は教育部にみっちりと行なっていただいてますから(笑)

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase

私たちの研修は、例えば新卒の方向けであれば、「社会人として、これを知っておかないと他の会社の人と話をしたときに恥かいちゃうよ!」という社会の基本常識から始め、経済新聞の読み方や会社の仕組み、PCスキル研修など、必要最低限の知識研修をしています。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe

ほかにも責任者向けのマネジメント研修や、階層別のスキルアップ研修なども実施しています。これ以外にもいろいろな研修の要望をいただいているので、どうやったら良い研修を作っていけるのか、日々模索しています。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase
クロストーク 人材育成 メンバー写真1

新卒の皆さんに求める事は?

新卒の皆さんに、まず徹底してもらいたいことは、「ホウ・レン・ソウ」です。これができていれば日々の業務の確認とか共有もそうですが、上司とコミュニケーションを取る回数が増えていって、新卒の方々に入ってくる情報の量も増えますよね。な研修の要望をいただいているので、どうやったら良い研修を作っていけるのか、日々模索しています。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

上司ともいい具合に仲良くなれますし、コミュニケーションの橋を作るという意味でも、ホウレンソウは大切ですよね。

その通りだと思います。本当に基本的なことですけどね。逆にこれができないと、なかなか結果は出ないと思います。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase

私は1からのスタートを切るつもりで、入社してきてもらえればと思いますね!

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

なるほど~!

それは私も思うのですが、簡単にいうと大学4年生で最高学年になって、部活やサークル、バイトでも、上の立場になってきますよね。そして社会人になるとまた1からスタート。そこの転換がむずかしいのかもしれないですね。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase

そうなんですよ。あとはやっぱり、時間を守るとか、人に迷惑をかけないとか、ちゃんと挨拶をするとか…当たり前のことを当たり前にできるようになって欲しいな、と思います。当たり前すぎて忘れちゃうようなことですけど、すごく大切だと思いますね。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

私は、学生の内に、やり残したことがないようにやりたいことを全て大学生のうちにしてきて欲しいな、と感じます。その方が社会人になってから仕事に集中できると思いますね。

そうですね、やりたいことを全部やりきって、社会人になる直前に気分を切り替えて、入社してきてくれればと思います!

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe

Onoさんはやりきって、社会人になりました?(笑)

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

私はやりきましたね(笑)。自由な時間は最後だ!と思って、好きなこと、やりたいことを全力でしてきました!その代わり入社してからは、きっぱり意識を切り替えましたね。だから、今もここにいるのかなと思います。

リーダーの素質を感じる時

研修中に真剣な眼差しで講師と向き合っている人や、積極的に質問をしてくる人、質問を振った時に正面から答えてくる人はそれだけで可能性を感じてしまいますね。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

この先何か問題にぶちあたることがあっても、逃げずに立ち向かうんだろうなって思いますよね。

「この子は前に立つんだろうな」って思いますよね。話している内容も大事だとは思いますが、前に出ようとする姿勢があると自然と期待したくなります。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase

私は、広い視野を持っている子を見ると、伸びるな…!と思います。例えば、自分がうまくできなかった経験とか挫折経験があると、できない子の気持ちがわかって、自然とフォローができるとかありますよね。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

私もそれすごく大事な要素だと思います!

なんで上司がこういう言い方をしたんだろうということに対して、噛み砕いて自然と周りの子に説明できちゃう、とか たまにそういう子がいるんですよね。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe

これまでの経験から自然と身につけた能力なんでしょうね。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

「自分だけになっていない子」ってことですよね。同僚が落ち込んでいるっていうことに気づいて、一声かけることができるとか。特定の子としか仲良くしない!ではなくて、アルバイトも社員も関係なく、声かけができる子を見ると、「この子リーダーの素質があるな」と思います。

育て上げたい目標人物像は?

ずばり!社長を超える人材を育てたいですね!(笑)どれか一つの能力に特化しても構わないので、社長から見ても「この子すごいね!」って思われる人材を何人も育てていきたいですね。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

お~!スケールが大きくていいですね!

このビジョンについては1年2年で達成できることではないですね。研修で知識を得てもらいつつ、上を目指したくなるようなきっかけを作り、一緒に悩んで考えながら答えを模索して‥ひとつひとつをクリアしていく。この繰り返しが大事だと思います。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase

私の目標は、Wizには企業理念や経営理念と並んで「ヒューマンポリシー」という、従業員に求める要素6ヶ条があるのですが、これを満たす人材に育って欲しいな、と思いますね。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

「変化に強い」、「問題解決ができること」「情熱を発すること」「スピードがあること」など6つのポリシーが掲げられていますね。

私の目標としているゴールはここですね。ここはぶらさずに、この先も人材育成を行っていきたいですね。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

私は数字に繋がる教育がメインなので、人材育成にはそこまで関与していないですかね。でも「営業の数字が取れているからいいでしょ」と、少々マナーを逸脱しそうになっている子がいた場合は、「そうじゃないよ」っていうのは伝えるようにしていますね。

数字がよくても、マナーやルールは守らなきゃいけない。当たり前ですよね。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

そう思います。教育部として、人材開発課とそのベクトルはずれないように、そういった指導は数字とは別でしているつもりではあります。

クロストーク 人材育成 メンバー写真2

学生の皆さんにメッセージ

まずは「どうせ悩むならとことん動いてから悩もう!」ですね。悩む前に実際に見てみよう!って感じです。何をやりたいかわからないから就活できない、という人も多いですが、動かなきゃわからないのは当然!とにかく必死に足を動かして、手も動かして顔も動かして(笑)。情報集めていろいろ見た上でなにをやりたいか考えて欲しいですね。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase

わかんないから動かない、じゃなくて、動いてから「じゃぁどうしようか」って考えて欲しいですよね。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

私の経験上、就活をやるならやる!と覚悟を決めて、短期集中で就活をした方が良いと思います。

だらだらと長く就活をするより、短期間で!ってことですね。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

そうです。せっかくの大学生活の最後に、遊びたいのに、遊べない期間が長くなるのはもったいないと思います!私がそれで後悔しているので(笑)。

私が新卒の子に言いたいのは「確率論」だよ、ということですね。営業もそうですけど、母数を増やすことが大切だと思いますね。

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe

ここで働く!と、意思決定できる会社に巡り合うために、色んな会社を見た方がいいですね。

人材育成 メンバーサムネイル3
Takase

自分で決めたことって、続けよう!って思えると思うんです。新卒のみなさんが、この企業で頑張ろう!と思える会社に巡りあえることを願っています!

人材育成 メンバーサムネイル2
Watanabe
人材育成 メンバーサムネイル1
Ono

それがWizだったら、これ以上に嬉しいことはないですね!