社員ブログ
社員ブログ

Wiz保育事業立ち上げから現在に至るまでの振り返り。立ち上げメンバーにインタビュー

2018.07.04 | Wiz

こんにちは、Wiz広報部です。今回は、保育事業立ち上げから現在に至るまでの振り返りを、立ち上げ当初メンバーで課長代理を務める八幡さんにインタビューさせていただきました。八幡さんは現在、時短勤務でお子さんを育てながら営業部の課長代理として活躍をしています。保育事業への想い・ご自身の仕事に対する想いも伺ってきました。

保育事業部立ち上げメンバー 八幡さんにインタビュー

-まず始めに、現在の保育事業の業務内容を教えていただけますか?
保育園・幼稚園・学童、大きく分けてこの3つに向けてICTシステムのご案内をしています。園様によって、改善したい内容や、使用用途は異なるので、園様に寄り添いながら、その園様に合ったシステムを一緒にお探ししています。
訪問やベルフェイスというテレビ電話でご案内も行っており、電話のみだと実際どういったシステムなのかとか、園様が今どういったことに困っているのかがなかなか分かりづらいので、導入していただく前に直接訪問させていただき、デモンストレーションをさせていただいています。
 
-では、この保育事業が立ち上がった当初の気持ちをお聞かせいただけますか?
私自身、子供はいますが保育業界にほとんど携わっていなかったので、不安な気持ちが大きかったです。保育業界は、常に専門用語が頻繁に飛び交っていて、(午睡チェックや指導案など)当初はそれが全く分からず、訪問へ行った際も、お客様が何を求めていて何を言っているかの理解ができなかったんです。なので、まずは用語を覚えることから始まった感じでした。マスターするまでには結構苦労しましたね…。
保育園や幼稚園は、一般企業に行くよりもかなりアットホームなので、最初の頃は正直に、「すみません、私は新人で、至らぬ点も多いので、一緒に勉強させてください。」ということを事前にお伝えして、寄り添って教えていただきながら、ICTシステムの提案をさせていただいていました。その結果、業界用語やシステムの理解も十分にでき、自分なりの提案方法が今ではできるようになったと思っています。
 
-専門用語は確かに難しそうですね…ちなみに、部下の育成はどのように行っていましたか?
http://012grp.co.jp/wp/wp-content/uploads/yahata1.jpg
 
現在、約12名の部下がいますが、皆いい意味で個性豊かで(笑)個性が強いので、最初はその個性が反発し合っていました。まとめるのが難しいなと思っていたのですが、今では逆にその個性を活かして、それぞれによって色を出すというか、押しポイントを作って、一人ひとりの個性を伸ばすことでよりお客様に寄り添えたのかなという風には思っています。

全員で1人のお客様をフォローしよう!

-保育事業が開始して約1年経ちますが、組織全体はどのように成長しましたか?
最初は全員が全てをやるスタンスだったので、個々がバラバラでした。さっきも言ったように、個性が強いので、現在は役割分担を明確にして、絶対に1人で抱えないこと、全員で1人のお客様をフォローしようという体制ができてきました。
現在は12名体制ですが、今後人数を増やしていけたらいいなと思います。ICTシステムは全国的に販売を行っているので、今後は各拠点にも保育事業を配置して、地域密着型の手厚いフォローができればと思っています。
 
-保育事業は当初に比べ大きく成長したと思いますが、その中で嬉しかったことはありますか?
「改善できた、ありがとう」というお言葉をいただけるのが一番嬉しいです。ICTシステムを取り扱っている企業が大体50社くらいあるのですが、その中で「Wizさんを選んで良かった」というようなお声をいただけるのが、会社としても個人としてもとても嬉しいですね。
 
-お客様からの「ありがとう」の声は嬉しいですし、励みになりますよね。そんな保育事業の強みはどんなところでしょうか。
保育事業部の全員が思っていることだと思うのですが、強みの一つとしては研修です。システムを導入された方はもちろん、違う会社で契約をされた方にもシステムについて質問をさせていただくのですが、やはり導入してもなかなかシステムをうまく使いこなせないとか、使い方が分からないけどどうしたらいいかが分からないなどのお声もいただくんです。弊社は訪問もしくはベルフェイス(テレビ電話)で研修担当がしっかり研修をさせていただいて、皆様が使えるようになってから、導入しましょうというプログラムを推奨しています。導入された方には、この研修制度はとても喜んでいただけていますね。
ランニング費用をいただくシステムなので、一回売って終わりということではなくて、使っていただいている間はずっと園様に寄り添って、コミュニケーションを大事にしています。しっかりと園様に寄り添ったサポート体制をとることが一番大切だと感じています。
 
-研修制度が充実しているのは、園様にとってとても有難いことですね。八幡さんの保育事業のやりがいを教えてください。
http://012grp.co.jp/wp/wp-content/uploads/yahata2.jpg
 
すべての営業マンがそうだと思うのですが、「ありがとう」を言われるためにやっているのかなって思います。あとは、段々ではあるのですが、保育事業部は私含めて時短社員も増えてきているんです。そんな人たちでも、しっかり働けている環境ができているのかなって思っています。今後、保育事業部だけでなく、Wizとして時短社員が輝ける事業部の一つとして、保育事業部がなれればいいなと思います。
 
-確かに、営業部で時短勤務だと、帰りづらかったり思った成績が残せなかったりするイメージがありますね。
そうなんです。おっしゃる通り、営業部の人や、他の会社の方も同じように思っている方が多いと思うのですが、そこが保育事業部であれば変えられるのではないかと思っています。それがもし、変えられたときに、私は保育事業を立ち上げ当初からやっていて良かったなというやりがいを感じられると思います。時短勤務の社員が、営業部やりたい!保育事業部に入りたい!と思ってもらえるような環境作りをしていきたいです。
そして、私は、現在時短勤務で課長代理という役職に就かせていただいていますが、どうしても周りからの目としては、時短社員で営業部の責任者って難しいのではないかとか、時間を長く働けないと稼げないのではないか、という考えが、Wizでもそうですし、他の会社さんもあると思います。それが、保育事業部を筆頭に変えていければ、変えられる環境が保育事業部であれば用意されている!と思っています。
 
-八幡さん、ありがとうございました!
http://012grp.co.jp/wp/wp-content/uploads/yahata3.jpg
 
保育事業部に対する想いや、ご自身の仕事に対する想いをお伺いすることができました。
保育事業部では、園様にICTシステム導入のご案内をしています。今や社会問題ともなっている保育士の業務負担量を、ICT化によって、勤怠管理や指導案・日誌の作成、園児毎の登降園管理や延長保育計算、請求管理、さらには保護者連絡まで、一貫してサポートができます。今まで時間がかかっていた業務を効率化することによってできた時間で、より子供に寄り添った保育が可能となります。今後社会問題が軽減されるよう、Wizでは保育事業に力を入れて参ります。何かお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。
 
株式会社Wiz(ワイズ)
TEL:03-5940-2801
営業時間:平日9:00~18:00
https://012grp.co.jp/contact/