社員ブログ
社員ブログ

『SPICY』の今を取材しました。

2018.10.12 | Wiz

今回は、4月24日(火)にオープンした『SPICY』を取材しました。『SPICY』は、JR大塚駅から徒歩3分のところにあるスパイス料理がメインの飲食店です。建物は居抜き物件を借りて、DIYで内装を整えました。
オープンから数ヵ月が経った今だからこそ感じる悩みや、オープン前とのギャップ、そしてお店を運営する楽しさについて、店長に語っていただきました。

お店を始めて気付いたギャップ

―オープンして数ヵ月が経ちましたが、現状の売り上げや、お客様の入店率などはいかがでしょうか?

お客様の入りは、オープンしたときに比べると増えてきていますね。特に地元の企業様や、近所にお住まいの方の入店が増えてきているので、徐々にではありますが、お店が浸透してきているのかなと感じています。

ただ、ランチとディナーではやはり入店率の差があって、ランチは毎回同じくらいの人数は見込めるようになりましたが、ディナーが大塚の土地柄なのか、日によって全然違います。だからといって、天気で左右されているわけではなく、雨の日や月曜日なのに混むこともあれば、逆に晴れの日や、金曜日なのにすごく空いてしまうときもあります。事前に大塚の特徴について聞いてはいましたが、ちょっとまだ読めないですね。

―オープンしてから、考え方に変化やギャップを感じたことはありますか?

夜でもタコライスやカレーなどのご飯ものを食べて帰る方が多いことにギャップを感じました。

▲タコライス 昼:セット850円、夜:700円

オープン前は、お昼にご飯ものを提供して、夜はバーのようにお酒をメインにつまみ系を提供する予定でしたが、いざ営業してみると、「ジャークチキンステーキにライスは付けられますか?」というお客様や、「お酒は飲まなくても大丈夫ですか?」と聞かれる方も結構いらっしゃったので、単純にご飯が食べたい方も多いんだなと驚きました。

▲ジャークチキンステーキ 夜限定:850円

ただ、よくよく考えると、この大塚駅周辺は夜になるとほとんど飲み屋さんになるので、こういったニーズで溢れているのだと思います。ここに関しては、お店を実際に始めてみないと分からないことですよね。今後は、夜ご飯を食べたい方々に寄り添ったメニュー作りも心掛けて、1人でも多くの方に喜んでいただけるような料理を提供していきたいと考えております。

―次に、お店を運営している中で1番の悩みを教えてください。

集客に関してです。
先程もお話しましたが、いつ混むのかがまだ掴めていないので、それがシフトの作り方にも影響してくるんです。
この日が混むだろうと思って従業員を増やしたら凄く暇で、反対に、暇だと思って従業員を少なくしたら忙しかったなんてことがよくあります。飲食店を運営していく上で人件費に一番お金がかかるので、本当に読めない集客には困っています。それと、お客様は徐々に増えてきていますが、まだまだ入店率を上げていきたいですね。

―集客のために何かされていることはございますか?

SNSやDMなど様々な方法で集客を図っています。
その中で、もっとも効果を発揮したのが、周辺企業様に向けて送ったFAX DMでした。正直なところ始める前は、SNSが主流のこの時代にFAX DMなんて効果があるのかなって半信半疑でした。(笑)
でも、周辺企業の方にもっと知っていただくためにはFAX DMが有効的だと思い、ランチ営業前に配信することにしました。そうしたら、当日のランチでなんと5組ものお客様がDMを持って来てくれたんです!これには本当に驚きました。あとは特典付きのチラシを手で配っていたのですが、それも効果は大きかったですね。

どの集客方法が刺さるかは、土地によって違うと思います。これが渋谷・新宿・池袋辺りなら、インスタなどのSNSにもっと力を入れてもいいと思うのですが、大塚の立地で考えるとまた違う方法が有効的だと感じます。あとは、ターゲットをどこに設定するのかでも、集客の方法が変わってくると思うので、その辺りは試行錯誤しながら最適なものを見つけていきたいです。

―仕事をしていて、楽しいなと思う点や、やりがいを感じる瞬間を教えてください。

今までは新規の事業立ち上げに関わってきましたが、今回は全く違う業種なので、考えることも違ってきます。
実際にお店を運営してみると、会社が飲食店に提案していたことがずれていたんだ!という発見ができるので、その瞬間は楽しいですね。飲食店は難しい印象があるのですが、難しいからこそやりがいを感じています。

―では最後に、今後開業を考えている方へアドバイスをお願いします。

飲食店は想像するのと、実際やってみるのでは厳しさも楽しさも全く違います。
なので、すでに開業されている方の意見を色々と聞いて、ターゲットやコンセプトを明確にもって進めていくのがオススメです。店舗レイアウトも一旦作ってしまうと変えるのは難しいですからね。
あと今回『SPICY』は居抜き物件を選びましたが、内装工事をするとなると結構な費用が発生するので、スケルトン物件を借りたときの費用と比較して、厨房の作業導線などもしっかり確認してから借りるのが良いと思います。

さいごに

今回取材した中で、“集客をどうするか“という問題点が見えてきました。飲食店にとって集客問題は永遠の課題ではないでしょうか。新しい試みを続ける『SPICY』の今後の動きから目が離せません。日々の気付きや改善点を「開店日記」でも、ご紹介しております。こちらも合わせてご覧ください。

新卒採用情報はこちら→2019年度新卒採用特設サイト
採用情報はこちらをチェック→採用特設サイト
求人情報ウェブサイト「Wantedly」登録済みの方はこちらもぜひご覧ください→Wantedly