社員ブログ
社員ブログ

アメリカに行ったMIYUKIブログ~ホールフーズマーケット編~

2018.12.12 | Wiz

夏もあっという間に終わり、すっかり冬ですね!マサチューセッツ州は、秋を通り越しすでに極寒です。日々一桁代の気温で、この先の冬が怖くて怖くてたまりません…。
ところで皆さん、”平成最後の夏”は存分に楽しみましたか?平成生まれとしては、Instagramで「#平成最後の夏」を乱用したかったな~と少し心残りです。(笑)

ホールフーズマーケット(Whole Foods Market)

だいぶ前にオーガニックスーパーのホールフーズマーケット(Whole Foods Market)で発見し、紹介し忘れたものがありました。Wizの飲食店事業のことを思い出したので、今回紹介してみますね。
 
それは、じゃん!
http://012grp.co.jp/wp/wp-content/uploads/76c691c22c7ef40a64aa64b04f05e90c-6.png
 
フードコートに置いてある使い捨ての食器具です!フォーク、スプーン、ナイフがケース内に置いてあることが一般的です。使い捨てで、ナプキンや食器具がセットになっていることもよくあります。ですが、たまに写真のような、押して出すといった仕組みのものも見かけるんです。少しだけ衛生度が高い気がしませんか?そして(特にお子さん)ちょっと楽しい瞬間ですよね。(笑)
 
ちなみに、ホールフーズマーケットは全食材がオーガニックのスーパーで、もちろん割高です。ですが、とても人気なんです!そして、ほとんどの店舗(むしろ全店舗かもしれません)に食事の場所が設けてあるんです!なんならお酒も飲めるとか。スーパーの一角なので、素敵なレストランという雰囲気ではないですが、自分で食べたいものを選び、お会計をして(日本で言うとオリジンやお惣菜コーナーによくある、重さで金額が変わるようなものです。)、買い物がてら食べるもよし、持ち帰ってもよし、食べるために行くもよし。といった感じです。
 
そして、アメリカではご飯を持ち運ぶのが一般的です。レストランで食べきれなかったものや、軽食用に果物を鞄に入れていることが多いです。残ったものを持ち帰る際は、環境のことを気にしているのか、日本にあるようなプラスチックの入れ物は絶対に出てきません。ホールフーズマーケットでは、厚紙の箱で出てきました。
 
私が買ったものはこんな感じです。
http://012grp.co.jp/wp/wp-content/uploads/0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-22.png
 
スーパーの一角といっても、そこは多国籍人種のアメリカ、食材の量が豊富なんです!何が違うのか分からない緑の葉っぱやドレッシング、スープまでたくさんの種類が置いてあります。おそらく、オーガニックレストランで食べるよりも安く済むのではないでしょうか?
http://012grp.co.jp/wp/wp-content/uploads/82cd89bf6e3e7beeac7a6a7e3c296e8a-7.png
 
英語を勉強している人たちの中では、トップレベルで人気&有名なYouTuberバイリンガルちかさんが、ホールフーズマーケットについての動画をあげています!これを見れば鮮明にどんなものかが分かるので、気になる方は見てみてくださいね♪
ただ、この動画で出てくる店舗は動画内でも話されていますが、素敵すぎるんです…!通常は、普通のフードコートみたいな雰囲気だと思ってください。(笑)
 
▼ホールフーズマーケットについて(YouTuberバイリンガルちかさん)

アメリカ飲食店の文化

ここ数年、日本にもカスタマイズができる飲食店が増えてきていると思いますが、アメリカはカスタマイズをすることが一般的な文化です。宗教を持っている人がほとんどですし、多国籍な国だからこそだと思います。とはいっても、そもそもカスタマイズは容易にできる国の方が多いようです。
なので、日本に来た外国人が驚く、困る、理解不能なことの一つは、‟サービスは最高だし丁寧だけど、融通が利かない!”
例えば、お金を払うと言っても、トッピングを追加してくれないとか、ドリンクの氷を抜いてもらうと、ドリンクの量が一定になっていて、氷を抜いた分、カップに対して少ない量で持ってくる。または、抜いてほしいだけなのに抜けませんと言われてしまう、などです。
今後、外国人の訪問がオリンピック関係で増えるのであれば、融通が利きやすいお店の方が外国人客層は増えるのかもしれませんね。
 
ちなみに、アメリカはかなり融通が効きますが、カスタマイズしたことで確認もせず、当たり前のように勝手に料金が足されていたりします。そして、彼らはその味を保証しません。ホットティーしか無いメニューに、アイスにしてほしいと伝えて対応してもらいましたが、氷がすべて溶けて見た目もかなり薄く、もちろん味もお茶水みたいになってしまい、お金を無駄にした経験もあります。
接客はとてもフレンドリーですが、雑です。そのお詫びにミスドのようなお店ではドーナツをくれたり、作り間違えたらそれもくれたりと、スタッフのミスで得をすることもあります(笑)。 また、アメリカではドリンクのアイスとホットで値段が違うので驚きます。アイスにすると、50-100円位、お店によって異なることがほとんどです。
 
日本とアメリカ、足して割ったらちょうどいいですね!