社員ブログ
社員ブログ

アメリカに行ったMIYUKIブログ~あれこれ発掘編~

2019.06.12 | Wiz

みなさん、こんにちは!
今回は、アメリカで発掘したあれこれを紹介したいと思います★

携帯チャージ機

以前、持ち歩き可能な充電器のレンタルについてご紹介しましたが、携帯ショップやカラオケなどでよく見かける、携帯をBOXに入れて預けた状態で充電をする機械もアメリカで発見しました!これは無料で利用することができます。お買い物中は携帯を必要としないので、その間に充電しておけるのはとても便利ですよね。

■充電を開始するとき
1.「start charging」を選択
2.携帯番号とメールアドレスを入力
3.好きな写真を選択
4.入れるBOXを選択
5.携帯を入れたら扉を閉める
6.自動でロックがかかり、終了

■携帯を取り出すとき
1.「all done」を選択
2.携帯番号と選択した好きな写真(②)を入力
3.自分の年齢枠を選択
4.取り出したら扉を閉めて終了

監視カメラ

街を走る一部のバスの車内には、監視カメラが付いています。以前、防犯カメラについての記事を書いたことがあるのですが、”こんなところにもあったよー”という補足も兼ねてご紹介します。下記の写真はそれぞれ別のバスで撮ったものです。


カメラを1台発見することができましたが、モニターは全部で4つあるので、他にも3台のカメラが車内のどこかにあるのでしょう。流石にバスの中をキョロキョロして監視カメラを撮影するのは、怪しいのでできかねました…。笑

空港内タブレット

Deltaという航空会社を利用し、NYにあるLGA空港で飛行機を降りたところの待ち合い所には、尋常ではない量のタブレットが設置されていました。

”これは撮っておかねば!”と動画を撮影。これを見ていただければ、どれほどの量のタブレットが設置されているかお分かりいただけるかと思います。

気になったので近寄ってみると、携帯の充電をしながらタブレットで色々できるようになっていました。


ネットが利用できるのはもちろん、なんと飲食のオーダーもできるようになっています。注文+支払いができるのであれば、接客やラインを作る必要もなくなり、時間の短縮や効率化が図れてお得ですよね♪
また、アメリカの飲食店のメニュー表には写真がないものが多いのですが、タブレットなら写真も見られるため、”これは何?”という質問も削減されます!さらに、Wi-Fiが上手く繋がらないなどのトラブルがあった際にも、このタブレットがあればインターネットやInstagramなどのSNSも利用できるので安心です。
実際にタブレットを触ってみたので、その様子をご覧ください。

FREEOSK~無料サンプル~

ニューオーリンズでWalmart(日本でいうドン・キホーテ)に行った際に、入り口付近でこんな機械を見かけました。こちらは無料の商品サンプルを配布している機械です。

時間がなかったため、試すことができませんでしたが、とっても気になり調べてみました。
すると、下記のようにFREEOSKのHPで、何日から何のサンプルが試せるのかを確認することができました!

この機械は、会員制スーパーマーケット「Sam’s Club」と世界最大のスーパーマーケットチェーン「Wlamart」内にたくさん設置されているのが分かります。

使い方はこの動画をご覧ください♪

QRコードをスキャンするとアイテムのCMが流れ、見終わるとそのアイテムが出てくる仕組みです。また、一部例外もありますが、基本的には1つのコードで、同アイテムの複数取得はできないようになっているそうです。店内で購入可能なものをほんの少しだけ試せるというのは、購買意欲にも繋がるので非常にいい取り組みですよね!さらに、フィードバックも残せるようなので、アンケートにもなりますし、購入者・生産者の両方にとってメリットが生まれます。

さいごに

アメリカでは、人件費削減への意識がとにかく高いです。そのため、電話対応も含め機械で対応している企業が多く、さらに問い合わせ先が不明ということも多々あります。
”おもてなし”より”効率”を大事にしているアメリカでは、高齢者でもスマートフォンを使用することが当たり前となっています。だからこそ、空港内のタブレットサービスや機械での電話対応が成り立っているのかもしれません。