社員ブログ
社員ブログ

アメリカに行ったMIYUKIブログ ~アメリカにおける決済編1~

2017.09.08 | Wiz

今回からは調査隊としてのブログになります!
そして今回は決済(支払)に関することについてです。

~キャッシュ~

もちろん使い方は日本と変わらないのですが、大きな違いが1つありました!
 
日本で特に女性は小銭をまとめるように、支払う方も多いかと思います。
たまに店員の方から「◯◯円ありますか?」と聞くことすらありますよね!私もその1人です。
小銭の多い方の財布を支払い時に見ると、つい、財布を貸して!と言いたくなります。
それが、ここでは小銭を出してる人をあまり見ません。
 
また、私は小銭の単価をまだ覚えられていないので、掌に全部出して「使える?」と聞いていますが、それでも上手く使ってくれないことが多くあります。
アメリカ人は計算が苦手な人が多いと聞きました…。
それなのに、ドルの下に2桁セントがある上にセントの小銭は25が1番大きいので計算がより難しいですよね。

~カード~

では、ここからが本題です。
 
日本で“カード払い”といえば、クレジットカードですよね!
ですが、アメリカではそれ以外に“デビットカード”も主流です。
 
http://012grp.co.jp/wp/wp-content/uploads/ono5debit.jpg
 
といっても、↑このように、1つの銀行のカードで2つの支払方法を選べる感じです。
もちろん、これでATMからお金を引き出す事もできるので、カードがかさばらず便利ですよね!
 
◎違い◎
デビットは使ったその場で、お金が落ちます。クレジットは決まった日程に合計額が落ちますよね。
月末に落ちる金額を考える必要なく、現金で支払ってる感覚に近いため、私はデビットを利用しています。
もし現金が今口座に入ってないー!という場合はクレジット払いにすればいいだけです★
 
◎デビットのメリット◎
デビットを使うとお店によりますが、会計時に“Would you like cash back?”というような表示が出てくることがあります。
この場合、買い物ついでにその場でお金がおろせちゃうという優れものです!
 
◎クレジット払いなら…◎
すぐ引き落とされない分、紛失した際の防犯面で安全性が高かったり、よくあるクレジットカードの方がポイントが溜まったりなど、多くのメリットがあるようですが中期滞在の私には、銀行直結のカードで十分です(^ ^)
次は、これを使ってどのように支払うかについて記載しますね!
 
 
…To be continued…
 
 
§..ワンポイントEnglish..§
「まじ?本当?」という場合、Really?というのは知ってる方が多いかと思いますが、カジュアルな感じだとSeriously? もよく使われます(^ ^)