社員ブログ

社員ブログ

『LINE』って何?

こんにちは。広報の大沢です。

最近某上司から、
「LINEって何?」
と聞かれたので、ちょっと調べてみました。
LINE
「LINE」とは、簡単に言うと
通話やメッセージのやりとりが全て無料でできるアプリです。
スマホやケータイ、パソコンでも利用できます。
自分もiPhoneでLINEを利用しています。

中でもLINEの特長は「スタンプ」が使える事だと思います。
「スタンプ」とは、要はキャラクターのイラストの事で、
表情や個性豊かなスタンプを使う事で、
文字では表せない気持ちを相手に伝える事ができます。

もちろん絵文字もあるのですが、
スタンプの方がイラストも大きく、バリエーションも豊富なので、
スタンプと絵文字を使い分ける事が多いです。

メールよりも気軽にメッセージが送れるのがLINEのメリットですが、
気軽さの反面、ビジネスでのやりとりは何となくアレなので(笑)
自分は用途によって使い分けています。

音声通話機能も無料なので、他キャリア間で通話したい時にはとても便利です。
3G回線の場合は音質が悪く、途中で切れてしまう事が多いのですが、
Wi-Fi回線にすると、かなりクリアに聞こえます。
しかも、Wi-Fiを使うとバッテリー消費が少ないです(※個人の感想です)
最近会社内のケータイの通話電波が悪くて、電話がすぐに切れてしまうので、
一度社内LINE通話を試してみようかと考えています。

ちなみに、LINEアプリを入れている人同士なら、
端末を「ふるふる」するだけで友達追加ができるので、
赤外線等のアドレス交換の手間がいらないこともメリットだと思います。

…とまぁざっくりと説明しましたが、
これ以上説明するとLINEの宣伝みたいに思われますので(笑)
あとは実際に使ってみた方が早いです。

その他にも「カカオトーク」や「comm」等のコミュニケーションアプリもありますが、
こちらはまたの機会があったら紹介したいと思います。

『働く』ということ

初めまして、株式会社wizに就職しまして4ヶ月目の谷口です。

私は、今月から広報部に配属させて頂いております。
0205ブログ

何もかもが初めてだらけで、何をするにも先輩方や上司の方々に聞いては
色々な方に迷惑をかけてしまっています。

1度自分で目指したものなので、
精一杯やって、覚えて吸収していこうと思っています。
0205_2

初めてwizに配属された時、私は営業部で研修をさせて頂いておりました。
3か月間という期間の中、それこそ自分の能力の無さに愕然とし悩んだ日もたくさんありました。

しかし、ここの会社の強みというのでしょうか。

どんなに仕事が出遅れていても決して置いてけぼりにしない、
どこが悪いか一緒に考えてそれを示してくれる、
自分1人で働いているのではない、みんなで一緒に働いているんだ。

という、個人個人の意識の高さ。

それが、ここで働く人たちの中に常にあると感じています。
現在の部署になっても、それは変わりません。

働くということは、自分のやりたいこと、目指していることができればそれは素晴らしいことですね。
生活のため、将来なりたい自分になる、欲しいものを買う、それも立派な理由だと思います。

働くことを通して、日々自分が成長できれば自分自身の大切な財産になると思っています。
まだまだ不慣れな部分が多いですが、
思っている自分に近づけるように頑張ってまいります。

ちなみに私は、広報部でまず採用募集のお仕事を担当させて頂くことになりました。
こちらのブログでも度々登場させて頂くことになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログを通して、少しでも皆さんの働く力を引き出せたらとおもっています。
皆様のたくさんのやる気、お待ちしています!

【人事ブログ】2013新卒インターン開始!!

こんにちは
人事部 大竹でございます。

本日、2月5日に13新卒のインターンが開始されました。
20130205

今年度から新卒採用を始めましたので、
もちろん インターンも今回が初めて!

営業部 遠井部長より、叱咤激励笑いも交えつつ研修を行っています。

新卒の皆さんも、
緊張していると思いきや、
早速笑い声が聞こえたりと、和気あいあいとした雰囲気でした。

新卒は一生に一度しかない時期です。
Wizで出会ったのも偶然であり、必然かもしれません。

家族より恋人より長い時間を共に過ごす、仕事をする仲間。
共に成長し、共に励ましあい、人生で最高の仲間になっていってほしいです。

【人事ブログ】採用媒体 撮影現場の裏側!?

こんにちは!
人事部の山下です。

みなさんはアルバイトや就職先を探すとき、どうやって探していますか?
ほとんどの方が、求人媒体を見ていらっしゃるかと思います。

Wizでも、現在いくつかの媒体に掲載させて頂いているのですが、
そこで使用している写真は、Wiz広報部で撮影をしています。

ちょうど先日、採用媒体の掲載用の写真撮影を行いましたので、
撮影現場の裏側を、ちょっとだけお見せします!

今回の撮影は、Wiz広報部の林部長が担当して頂きました!

まずは、この写真!
130204_1
真ん中は、営業部の山内さんです!
Wizのホームページはもちろん、パンフレットなどには必ず写っていらっしゃいます。
こういった撮影も慣れていらして、率先してポーズをとってくれました!
最初はガチガチの表情だった私も、
山内さんや、撮影してくださった林部長につられて、少し慣れてきたかなと思います。

そして、山内さん、人事部の渡邊さんと、3ショット!
130204_2

あとは、なんと言っても今回の撮影は、社長自らアングルやポーズを決めて、
さらには、現場を盛り上げ、楽しい雰囲気を作ってくださったので、
終始、笑顔の絶えない撮影現場となりました!

この雰囲気が、見ている方に伝われば良いな、と思います!

今回撮影したWizの採用媒体 掲載情報はこちらをご覧ください!

アルバイト・2013新卒・2014新卒・中途社員の皆様のご応募、
従業員一同、お待ちしております!!!

引き算

2013.02.04

引き算

広報 市村です。

先日アーティストのオースティン クレオン著
「STEAL LIKE AN ARTIST」という本を読みました。

本の内容にも感銘を受けましたが
クレオン氏の作品にも興味を惹かれました。
「News paper black out」
新聞のあらゆる単語をマジックで塗りつぶし、
残したい単語だけを残して文章にした作品。
20130201

いわゆる「引き算」で構成された作品です。
著書にも情報過多な現代を生きるためには、
何を捨てるかを見極め、本当に必要な情報だけを
自分のものにすることが大切だと書かれています。

制作業務においても
ただ単純に多くの情報を載せるだけでなく、
いらない情報をそぎ落として、
本当に必要な情報を相手に伝えることが
自分の仕事だと改めて感じました。

20130201_1

“Creativity is subtraction.”
“創造力は引き算”

マカーは何度も買う

Wiz広報 國分です。

今回は、SNSのタイムラインを賑わしていただろう
Macintoshについて話したいと思います。

米時間の1月24日は初代Macintoshが発売され29周年だったそうです。
1
当時発表会場(De Anza大学の「Flint Center for Performing Arts」)では、
若かりし頃のジョブズ氏がダブルのスーツに蝶ネクタイで登壇し、
Macintosh(以下Mac)が、衝撃的なデビューを飾ったそうです。

私とMacとの出会いは、私が19歳のアルバイト先でした。

他社のPCには画面を見ても文字ばかりで、
「何をどうすればいいいのかまったく分からない」

ファイルを開くにも一度「FD画面」を読み込み、
そこのファイル名一覧にあるファイルを選ぶと、
やっとファイルが開けるという時代に「ハードディスク」や「ごみ箱」「フォルダ」が見て分かる「デスクトップ方式」を採用。
そのデスク上にあるファイルをダブルクリックで簡単に開くというところがまず驚きでした。

また、いらなくなったのもだけではなく、
フロッピーディスクを吐き出す時に、
なんと「ごみ箱」へ入れるという動作も恐る恐るやっていた事を覚えています。

今思えばこの時から「感覚的に使える」商品を
世に出すという事については素晴らしい程にブレていませんね。
そしてその時代、その時代で「欲しくなる」、「洗練されたデザイン」が
ここまで私に商品を買わせた要因なのでしょう。

これまでに購入したMac↓

2
記念すべき初MacカラークラシックII
改造マニアの強い支持があり、売値も高かったです。
(Postpetのサブキャラにもなったんですよ)

3
iMacボンダイブルー
(オーストラリアの海の色だったような・・・ボンダイ)

4
G4搭載E-Mac
(Eはエコの意味・・・)

5
G4タワー(ついに、会社と同じ仕様に・・・)

6
AirMac
(これでおうちもWi-Fi環境に!めっちゃ熱くなるのでこの上に食べ物は乗せないようにw)

7
初代iPod(今は車専用)

8
iPodnano (PRODUCT) RED
http://www.apple.com/jp/product-red/

9
iPodシャッフル(すぐ飽きます)

10
iPod nanoタッチ(すぐ失くしますw)

11
iMac(すでに型遅れだが今一番活躍しています)

12
iPad2(これは便利、ちょっとした検索ことやSNSにはもってこい)

13
歴代のiPhone3G、3GS、4GSたち

Macファンとして今後のApple商品に期待をよせています。
ジョブズ亡きAppleには少し不安を感じますが、
この先も驚かせてくれる事を願います。

最後に自称ことばスターの私からスティーブ・ジョブスの好きな言葉をご紹介します。


あなたがテレビのスイッチをオンにするのは、
あなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。
それに対してコンピュータで仕事をするのは、
脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。

【人事ブログ】第3回 2013新卒2次選考!

こんにちは、
人事部の大竹でございます。

先日1月16日に、2013新卒の2次選考を実施致しました。

今回は特別に、営業部の頼りになるお兄さん的存在の
山内 友樹副部長に自己紹介をして頂きました。
130130_1

若干27歳で 副部長に昇進しております。

▼山内副部長のプロフィールはこちら▼ 

「”営業”とは何か」を熱く語ってくださりました。

「サラリーマンの給料は年棒400~500万が約85%を占めます。
では、1000万の方は何%でしょうか?
10%? 5%?
正解は 0.4%です。
Wiz(ワイズ)は頑張った人を評価してくれる会社なので、
0.4%の分布に入るのも夢じゃないのです!
その為には、自分の努力とお客様を思う心が何よりも大事なんです。」

ご来社頂いた新卒の方々は鼓舞激励されていたようでした。

最後に、我らが人事部渡邊サブマネージャーも小話をひとつ。 130130_2

お題は「PDCAサイクル」
“P” 計画PLAN
“D” 実行DO
“C” 評価CHECK
“A” 改善ACT

ビジネスにおける行動原則のことですね。
一連の流れとしてこれを行うだけでなく、
プラス
“G”達成GOALを持って欲しいというお話でした。

皆さんの目標とする”G”GOALはあるでしょうか?

新卒採用で私の気持ちもフレッシュ♪

こんにちは!Wiz広報の林です。

設立まだ1年とたっていませんが、
Wizでは、高い志を持った若い方に多くのチャンスを提供したいという事で、
新卒採用を開始しています。
11月から2013年と、12月から2014年をスタートさせています。
画像 014新卒説明会

10代、20代前半の就活生と触れ合って、
私自身もフレッシュな気持ちにさせていただきました!
仕事を始める不安と希望が入り混じっていた昔を走馬灯?のように思い出されて
感慨深いものがありました。

私が就職活動をしていた時代は就職氷河期で、
専門学校の同じ学年で卒業時に就職先が決まっていたのは
私を含めて10人も満たない人数しかいませんでした。

それでも就職課に行けば求人はあったのですが、
いかんせん若い時期は
就職よりも夢を追う傾向の人が多いので、
最低な就職率だったのだと思います。

そんな私もいざ就職はしたものの、
クリエイティブ系のプロダクション会社の新人は本当に厳しいものでした。

罵声や叱責は当たり前。
連日の徹夜、男ばかりの先輩に交じって床にごろ寝。
夜中に起こされて修正の嵐。
朝一番に納品のために走る。
嵐の時は納品物を服の下に入れて、傘もささずにクライアント様のところまで走って届けるなど、
中々今では見なくなったハードな経験をさせていただきました(笑)

仕事や社会に夢を持って臨んでみたものの、以外と厳しくて
遊ぶ時間もない、寝る時間もない、お客様に頭をさげて謝り、上司に怒られる。
こういう事が待っていると頭の中ではわかっていても、いざ働き始めた時に、
こんなはずでは!?と思ったものです。
自分は何かができるはず!と思っていた自信が何度も何度も折れていき
何も無くなった時に初めて一歩前に進んでいたような気がします。

でもそれがあったからこそ、
今こうしてしっかり地に足を付けて
仕事をさせてもらえているんだなあ~と
就活生の皆さんを見て気づかせていただきました。

そんな気持ちにさせてもらえる、私にとって新卒採用は素晴らしいものになりました!

ご縁あってWizに入社いただける皆さんにも
ぜひ何年後かに「良い経験をさせてもらえている」と思ってもらえる
そんな会社にしていければと思います。

市場浸透に関する理論

広報 山本です。

今回は、新製品や新サービスの市場浸透に関する理論である、
イノベーター理論をご紹介します。

消費者が、「新製品」や「新サービス」の購入態度により
「5つに分類」されるという考え方です。

1. イノベーター「革新者」2.5% 
冒険的で新商品が出ると進んで採用する人々の層。

2. アーリーアダプター「早期採用者」13.5% 
流行には敏感で、自ら情報収集を行い判断する人々の層。
他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれ、
商品の普及の大きな鍵を握るとされています。

3. アーリーマジョリティ「前期多数採用者」34%
新しい様式の採用には比較的慎重な人々の層。
新製品や新サービスが市場へ浸透する為の媒介層であることから、
ブリッジピープルとも呼ばれています。

4. レイトマジョリティ「後期多数採用者」34%
新しい様式の採用には懐疑的な人々の層。
新市場における採用者数が過半数を越えた辺りから導入を始める為、
フォロワーズとも呼ばれます。

5. ラガード「採用遅滞者」16%
最も保守的な人々の層。
流行や世の中の動きに関心が薄く、
イノベーションが伝統化するまで採用しません。

20130115_a

これら5つのグループは、それぞれ独自の価値観から行動し、
製品やサービスの採用を行います。

図からもわかるとおり、多くの消費者は多数の消費者が
新しい製品やサービスを試した後から行動を起こします。

新しい製品やサービスを市場に投入するにあたっては、
「革新者」と「早期採用者」の特性を調査し、
ここに絞ったマーケティングと広告展開していくことが、
非常に重要な課題になってきます。

商品を購入するときに、自身はどのポジションで
購入を行っているかが分かると面白いですね。

ちなみに、自分はもっとも多い「アーリマジョリティ」に属します。
慎重派ですね。

本年も宜しくお願い致します。

年賀状で振り返る時代と文化

あけましておめでとうございます。
広報部 土館です。
 
早くも1週間が経ち、お正月ムードからは抜け切ったものの、
いまだ年賀状を見てデザインのアイディアをもらっています。
 
最近はメールでの挨拶が多くなってきてますが、
年賀状の歴史は古く明治時代まで遡ります。
ここではなんと明治時代からの年賀状の移り変わりを見る事ができます。
 
「年賀状レトロ美術館」
http://www.fuyuki-nenga.com/museum/
http://www.fuyuki-nenga.com/museum/midoshi/ (巳年特設ページ)
 
その年の時代背景や文化など一目でわかりやすいのが多かったんですね。

欧米の影響かヘビ繋がりでアダムとイブをモチーフにしたり、
adamu

日露戦争時は戦艦が描かれていたり、
senkan

すごろく、なんていうユニークな年賀状もこの頃からあったんですね。
sugoroku
 
 
最後にデザインではないですが、星 新一さんの年賀状の文言をご紹介します。
 
「今年もまたごいっしょに九億四千万キロメートルの宇宙旅行をいたしましょう。
これは地球が太陽のまわりを一周する距離です。
速度は秒速二十九.七キロメートル。
マッハ九十三。安全です。
他の乗客たちがごたごたをおこさないよう祈りましょう。」

 
SF作家らしい視点でなるほどな、と感心しました。
もらった年賀状をじっくり見て、その人の「らしさ」を探すのも楽しみの一つとなりそうです。
 
それでは今年もどうぞよろしくお願い致します。

57ページ中
52ページ目