社員ブログ

社員ブログ

まるでジオラマ!チルトシフトの魅力

こんにちは、広報土館です。
今回は「チルトシフト撮影」についてのご紹介です!

チルトシフト撮影とは、元々建築写真を撮影するために作られた
カメラのレンズを使った特殊な撮影法です。
一部にピントが合い、周囲がボケることによって、ミニチュアのような雰囲気に。
 
station
 
543386453_fac91912cb_o
参照:http://www.dailyinspiration.nl/beautiful-examples-of-tilt-shift-photography/
 

 
チルトシフト&タイムラプスで撮影したディズニーランドの1日。
※タイムラプス:定位置で一定の間隔を空けて撮影した写真を繋いだ動画

チルトシフトはミニチュアやジオラマ好きにはたまりません!!!
しかし、チルトシフトレンズがお手頃なお値段ではない上、
撮影に細かい技術が必要なので、手を出しづらい…なんて思っていましたが、
Photoshopでの加工や、スマホのアプリ、最近ではチルトシフトレンズが搭載されているトイデジまで、
さまざまな形で疑似的にチルトトシフトを楽しむことができます。
そこで!チルトシフトを楽しめるお手軽なiPhoneアプリをご紹介します。
 
写真-2013-10-30-13-22-16
 
これは「TiltShift Generator」というアプリを使用しました。
ぼかしだけでなく、色調などの調整もできるので便利!
さらに過去に撮った写真も読み込んで加工できるので、重宝しています。
 

 
こちらはチルトシフト&タイムラプス撮影ができる「Tilt-Shift Time-Lapse」を使用しました。
短くてわかりづらいですが、なんとなくミニチュアっぽい!ですよね…?
タイムラプスは一定の時間を空けて撮影されていくので、1分くらい撮っていたのに、できたのは2秒!悲しい!
次回は三脚で固定し、長時間撮影に挑戦してみます。

撮影する際は、
 
●なるべく高いところから見下ろす
●真正面ではなく、ななめから
撮るとよりミニチュアっぽくなるそうですよ!
 
是非色々試してください!

【人事ブログ】インターンお食事会

こんにちは!
人事部の渡邊です。

久しぶりの人事ブログを更新させていただきます!
今回は、先日行われたインターン食事会の様子をご紹介します!!

来年春に入社予定のWiz新卒2期生は、
スタートダッシュを切るぞとばかりに、インターンを開始しています!

既に、貫録を出し始めているメンバーもいるぐらい、熱意を持って打ち込んでくれています!
 
画像-3345
 
今回はそんなインターンのメンバーが、社長から直に会社の事や社長自身の経験の話しが聞ける
お食事会を開催しました。
社長とのお食事会は、皆やはり緊張の表情が伺えますね。
でもそれ以上に、まだ経験した事のない貴重な話に、興味津々の様子でした。

「社長から私たちと同じくらいの時期の話を聞くと、社長にもそんな時があったのかと何故か不思議に感じました。
私たちもいつか社長のようになれるのかな?と思いました。」
こんな感想も頂きました。

社長の学生時代の話はとても興味深く、
「スタートはみんな一緒で誰にでもチャンスがある、俺だってみんなと同じだった」という話を聞くと
自分たちも会社を立ち上げる人になったり、責任あるポジションでやれたりする事もあるんだなと
リアルに感じられたと思います。

こういう話が聞けるのも、このお食事会の醍醐味ですね!
 
画像-3343
 
そして、一緒に同席をした教育部の山下さんは、実はまだ24歳。
インターンの皆さんと、2歳しか変わりません。

「2つしか年齢が変わらないのに、今では課長代理!
正直、社長にはまだまだ手が届きそうにないけれど、
山下さんの様にカッコよく、バリバリ働いてみたいです。
という声もありました。

こんな先輩のようになりたいな!と思ってもらえるように、私たちも日々成長しないとですね。
反対に私たちも良い刺激をうけました!
 
画像-3347
 
大学とはまた違った環境の中で、
刺激を受け、成長し、社会人になる準備期間として過ごせるこのインターンの時期は、
一人ひとり、とても貴重な時間になるのではないでしょうか。

春からこのメンバーと、正式に一緒に働き、会社を盛り上げていけるのだと思うと
今からワクワクしてきますね!

引き続き、新卒会社説明会開催しております!

成長!やりがい!仲間!を手に入れるなら、株式会社Wiz!

▼Wiz採用情報は、コチラ。

プロジェクションマッピング

こんにちは。
広報の水口です。

今回は私の気になっているものをご紹介いたします。
 

最近CMやイベントで良く見かけるようになったプロジェクションマッピング。
 

映画館のようにフラットなスクリーンではなく、凹凸のある壁面や、
建築物・家具など立体物の表面にプロジェクターで映像を投影する手法です。
 

アイドルのドレスに投影したり、

 

東京駅のリニューアル時のプロジェクションマッピングはいろいろと話題になりましたよね!

 

なんと、一般の人が気軽にできるアプリもあります。
 

 
 

 
 

(プロジェクターがあれば、誰でも気軽にできそうです!)
 
 
CGなど合成技術はどんどん進んでいますが、リアルとフェイクを組み合わせると
幅広くクリエイションできそうで、今後も目が目が離せません。

【Wizニュース】NTT東日本-東京様より胡蝶蘭頂きました。

Wizニュースリリース担当の橋本です。
先日NTT東日本-東京様より、
B1のコールセンターオープン祝いとして、とても綺麗な胡蝶蘭を頂きました。

20131026ntteast

Wiz社の受付に飾らせていただいております。
NTT東日本-東京様、ありがとうございました。

【Wizニュース】NTT東日本-關様より胡蝶蘭頂きました。

Wizニュースリリース担当の橋本です。
先日NTT東日本-關様より、
B1のコールセンターオープン祝いとして、胡蝶蘭を頂きました。

20131026ntteast2

先日NTT東日本-東京様に頂いた胡蝶蘭と共に
Wiz社の受付に飾らせていただいております。

受付がとても華やかです!
NTT東日本-關様、ありがとうございました。

クリエイティブ>利便性

みなさん、こんにちは。
広報の橋本です。

いきなりみなさんに問題です。

社会人になると大体の人が持つことになるもの、
ビジネス面で初対面の人との挨拶時に欠かせないもの、とは何でしょう?
 
 

、、、、はい、名刺です。

今回は表題の通り、利便性よりも
クリエイティブ優先にした名刺デザインを
いくつかピックアップしてみました。
 
 

1・ITサービス企業の名刺

二つ折りになっていて、開くとノートパソコンを模した
デザインになっています。キーボードに連絡先が書かれています。
 
パソコン名刺.
 

2・美容師さんの名刺

元々は1枚の名刺になっており、切り目を入れて少し手を加えると
カラフルな髪の毛の生えたキャラクターに早変わり!
 
髪名刺.
 

3・フラワーデザイナーの名刺

なんとアルファルファの種子が入っていて、水につけると発芽するという
すごい仕掛けの名刺です!
 
草名刺.
 
 

いかがでしたか?
こんなサプライズ要素のある名刺をもらったら、
わくわくしますよね!

現在、Wiz社の広報でも様々なお客様の名刺やショップカードの作成をしております。
私自身もお客様が喜んでくれるような名刺を作れるよう頑張りたいと思います。

スマホの次は…ウェアラブルの幕開け?

広報藁谷です。
 
このところ「ウェアラブル」に脚光が当たってきたようです。
ウェアラブルとは、眼鏡や腕時計型などの「身に付ける端末」のことで、
ポケットやかばんに入れて持ち歩くスマホに代わり、
常に身に着けて(wear)使用する機器だそうです。
 
片手に持って、片手で操作しなければならないスマホやタブレット端末とは違い、
常に身に着けていることで両手が解放され、自然な形で操作ができたり行動が記録できたりという特徴があります。
ウェアラブルは、海外だけでなく、日本でも発表されています。
 
例えば、眼鏡型のウェアラブル。
 
「インテリジェットグラス」
「CEATEC JAPAN 2013」でNTTドコモから、
メガネ型のウェアラブル端末「インテリジェントグラス」が紹介されました。
 
「インテリジェットグラス」には4つの種類があるようで、
その中で個人的に気になったのが、「見るだけインフォ」といって、
メガネのカメラが目の前の情報を認識し、サーバー経由で情報を取得してそれをメガネ上で表示するというもの。
こちらのデモでは「目の前の人物の顔を認識して提示する」「外国語を認識して翻訳結果を映し出す」という2つの機能の紹介されました。
 
顔認識機能は、電話帳データに顔写真を登録してクラウド上に保存しておくことで、
インテリジェントグラスが目の前の顔を認識してクラウド上のデータと照合。
電話帳に登録された名前などの情報を目の前に表示する、といった使い方ができます。
img1
img2
 
これなら、例えば街中で偶然会って顔は見覚えはあるけれど「名前が出てこない…」ときも安心ですね!
ただ、あらかじめ登録が必要ですが…。
 
翻訳機能は、海外のレストランなどで、インテリジェントグラスを通してメニューを閲覧。
すると、自動的に文字を認識してサーバー上の翻訳エンジンが起動し、その結果をメニュー上に重ねて表示することが可能だという。
 
「Google Glass」

グーグルグラスというのは、グーグルが開発を進めているメガネ型の情報機器。
実際に目で見ている風景にコンピュータ情報を重ね合わせる「拡張現実(AR)」と呼ばれる技術を活用して、
ウェブ検索やカメラ撮影、通話やチャットといったスマホでできる機能を、完全ハンズフリーで操作できます。
Google Glass
 
 
日本でも、眼鏡型ウェアラブルのコンピュータ端末を使い、ある物流会社の事務所で実証実験が行われました。
荷物にはあらかじめ、商品名や運び先などを登録したQRコードが貼り付けられていて、
メガネに取り付けられたカメラで自動的に読み取ります。この実験で作業を体験した人は、
「両手が自由なので動きやすく、よけいな作業がなく便利だと思います」と話されていました。
 
こうしたメガネ型端末の検証は、荷物の仕分け現場だけでなく、観光案内、災害時の聴覚障害者の避難支援など、
さまざまな場面で始まっており、さらに、実用化に向けた動きが加速しているようです。
 
 
次は、腕時計型ウェアラブルデバイス。
「Samsung GALAXY Gear」
img3
「Samsung GALAXY Gear」は、サムスンが展開している「Galaxy」シリーズのスマートフォンやタブレットと
連携可能なプレミアムアクセサリーという位置付けだそうです。
腕時計のような見た目をしていてそのまま時計としても使えますが、
Galaxyシリーズと接続することで着信やSMS・メールの受信などを通知することが可能。スピーカーが内蔵されているので、
使用時にはハンズフリーでの音声操作ができます。

Samsung GALAXY Gear

このような、「身に着ける端末」が浸透したら、
暮らしが豊かになることはもちろん、今まで見えなかった世界が広がり、
私たちの暮らしを大きく変えることになるのではないでしょうか。
お年寄りや、目・耳・手が不自由な方にとっても気軽に使えて、
生活もしやすくなり、より豊かになりますね。

4Kテレビ

2013.10.07

4Kテレビ

広報土田です。
2013年6月、SONY、シャープ、東芝などの家電メーカーから「4Kテレビ」が発売されました。

「4Kテレビ」とは、
一言で言うと、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ次世代のテレビ規格のことです。

現在主流のフルハイビジョンテレビの画素数は、横(水平画素)1920×縦(垂直画素)
1080で、縦横合計で207万3600画素。
 
一方、4Kテレビは、横3840×縦2160で合計829万4400画素。

これは、ブルーレイの画質と比べても4倍の画素、DVDの画質と比べると24倍の画素数となります。
 
4K
画像提供:ソニー株式会社
 

4Kテレビでは、フルハイビジョン映像では表現しきれなかった細部まで再現が可能。
映画館で使われる最新鋭のデジタルプロジェクターと同じ画質の映像を楽しめて、
流れる髪の一本にいたるまでくっきりと、跳ねる水滴のひと粒にいたるまで鮮やかに描写するそうです。
すごいですね!!
 

下記の写真は、先日幕張メッセで開催されたIT・家電の総合展示会『CEATEC2013』。
そこでも4Kテレビが全面に押し出されて、実際の鮮明な映像がブースで見ることができたようです。
 
regza
 
反対についこの間まで3Dテレビが大きく取り上げられていたのに、
今年の会場では3Dは本当に見る影もなくなってしまっていたそうです。
 
やはりリビングで3Dメガネをかけてテレビを見るというのは面倒だったり、抵抗があるかもしれませんね。
映画館で3Dメガネをかけて映画を観るのは、なんとなくイベント性があって楽しい気もするのですが。
 
 
ところで、なぜ「4″K”テレビ」と呼ばれているか、ご存知ですか?
これは横の画素数が約4000あり、1000は1K(キロ)という単位で表されるため、そう呼ばれているそうです。
 
4Kテレビは、映像や音声をデジタル信号で伝送するHDMIの新規格「2・0」に世界で初めて対応。
従来の規格では4K映像だと1秒間に30コマしか表示できませんでしたが、
なんと2倍の60コマ表示できるようになりました。
そのため、動きの速いスポーツ中継などでも、ブレが少なくなめらかな映像を楽しめるとのこと。
 
総務省は2014年7月から、世界で初めて4K放送を開始させる予定で、
来年の7月といえば、ブラジルで2014 FIFA ワールドカップ杯が開催します。
 

4Kテレビでその臨場感を味わえる日が楽しみです。

最近読んだ小説

広報國分です。
今回は最近読んだ小説のご紹介です。

TV最高視聴率をマークした「半沢直樹」です。
原作のタイトルは違い「オレたちバブル入行組」、「オレたち花のバブル組」です。
 
nanamebooks
 
今までに出会った事がないフィクションでありながら妙に「リアル」に感じ、
同世代のバブル崩壊時期に私も社会人になったという境遇からか?!
ぐいぐいと物語の中へ引き込まれる感じがしました。
これも「池井戸 潤」先生の力なのでしょう。
☆池井戸潤Wikipediaへリンク

2冊目を読み終わる頃には、本屋に有るだけの「池井戸 潤」を買ってしまいました。(がっはは
 

☆写真&TVドラマYouTube(半沢直樹最終回いいね!で選ぶ「名セリフ」ベスト10)
http://www.youtube.com/watch?v=OBKZp-nQar8 
 

たぶん今回のテレビドラマは一度もちゃんとは見てないのですが、原作と少し変えているとかいないとか。(汗)
 

ほろ苦い結末に落胆し、それでも思い起こせば部分的には壮快で、何か勇気をこの本からもらった気がします。
 

他の作品も「組織」のディテールは細かく「妙にリアル」を感じながら、
やはり主人公は順風満帆とはほど遠い「波乱万丈」の人生を歩んでおり、
「がんばれ!」「負けるな!」という感情が沸き出てくる立場で読んでしまう作品になっています。
また、不思議な演出というか、どことなくうる憶えな「過去の事件」と相俟って
「ん?昔本当に起きたあの事件を書いているのか?」
と違った意味で興味をそそる創りになっているのがこの作者の特徴でもあります。
 

今読んでる小説「鉄の骨」 
中堅ゼネコン若者が大型公共事業を受注する為、「談合」が習慣づいている組織に真っ向から入札に挑む。
組織に殉ずるか正義を信じるか。
吉川英治文学新人賞を受賞した作品です。
 
tetuno-hone
 
分厚いです。なんと672ページです。(汗)
スカッとしたい方にオススメ
「飛ぶタイヤ」上・下 
運送会社である日起きてしまった事故から突然襲う倒産の危機・・・。
どん底から這い上がるのに一番大切なものを教えてくれる作品です。
 

食生活にスパイスをという方にオススメ
「震える牛」 相場 英雄 作
大手スーパーの本当か嘘か?!
かなりセンセーショナルなフィクション作品。自分も震えました。

 

「半沢直樹 面白かったね!」「スカッとした!」「やられたら倍返し!」
というTVドラマで共感された方は、ぜひ他の作品にも触れてみると「半沢直樹」がより面白く、10倍面白く感じるかも知れません。
 

私もテレビドラマ「半沢直樹」をこの10月、1話から観て楽しみたいと思います。
http://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki
 

余談ですが「半沢直樹」こと、堺雅人さん演じる「リーガルハイ」が10月8日から新シリーズが始まります。
ある意味「真逆な人格」。「世の中は金じゃない」と「世の中は金だ」をどう演じきるのかも楽しみたいと思います。
www.fujitv.co.jp/legal-high/index.html

イスラエルにできたGoogle新オフィスの全貌

イスラエル・テルアビブに最近設立された、
Googleのニューオフィス。
その全貌が相変わらずスタイリッシュすぎると、
インターネットを中心に話題になっているようです。

0928_1

8階建てオフィスで、中には、ジムに3つのレストラン、
複数のリラックスエリアを網羅した、
超デラックスな造りになっているとのこと。

洗練された近未来的ゾーンに見惚れていると、
次の瞬間、木がにょきにょきっと生えた(!)
リゾート感溢れるゾーンが目に飛び込んできて、唖然。
どこかの惑星を思わせる内装に度肝を抜かれているところに、
すべり台の発見で、さらにさらに驚愕する。

0928_03
重厚な雰囲気のMTGルーム

0928_05
床から木が生えたリラクゼーションルーム

0928_06
リゾートを思わせるリフレッシュルーム

0928_08
カラフルで素敵なミーティングスペース

0928_09
社内にトレーニングジム完備

0928_11
座り心地バツグンな椅子があるスタイリッシュなお部屋

0928_12
無料のレストランもオフィス内に3つも!

0928_10
そして極めつけ!階の移動は滑り台でスルーっと!!

0928_13

さすが世界のGoogle!
オフィス自体も遊び心溢れ、
楽しみながら、働きやすい素敵なオフィスでした。

おそらくこの多様さが、枠にとらわれない自由な発想を生むのでしょうね。

65ページ中
54ページ目