女性活躍社会の実現

結婚や妊娠・出産など、ライフステージが変わっても
女性が活躍し続けられる社会の実現に向け、事業や採用活動を通じて貢献いたします。

Wizの取り組み

image

子育て中の女性が働きやすい環境の整備

貧困をなくそうジェンダー平等を実現しよう
image

ICTを活用した在宅勤務の推奨

ジェンダー平等を実現しよう
image

女性管理職の登用、公正な評価・表彰制度の整備

ジェンダー平等を実現しよう働きがいも経済成長も
image

若年層の採用や管理職登用

働きがいも経済成長も

子育て中の女性が働きやすい
環境の整備

image

ママ採用や在宅ワーカー採用を積極的に実施しています。また、育休・産休・時短勤務制度の利用促進や、子ども手当や保育ママ手当などの子育てを支援する福利厚生の導入に取り組み、仕事と子育てを両立できる環境を整えています。

関連する
サービス
山中 孝子

取締役 総務部長

山中 孝子

弊社には、「優秀な人はママであろうと誰であろうと優秀」「働ける時間に制約があるからといって、そのスキルを活かさないのはもったいない」という考えが根底にあるため、男性・女性、労働時間関係なく、誰もが輝けるチャンスがあるんです。特に、仕事や家事・育児を毎日頑張るママさんたちの働く意欲が少しでも増してくれたら嬉しいと思い、働きやすい福利厚生を多く用意しています。

【 貢献する目標 】

  • 【1.5】 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。
  • 【5.1】 2030年までに、あらゆる場所におけるすべての女性および女子に対するあらゆる形態の差別を撤廃する。
  • 【5.5】 2030年までに、政治、経済、公共分野でのあらゆるレベルの意思決定において、完全かつ効果的な女性の参加および平等なリーダーシップの機会を確保する。

ママ専門求人メディア『ママの求人』の運営

image

ママが働きやすい求人情報を紹介する、ママのための求人サイト『ママの求人』を運営しています(※)。求人情報だけでなく、子育てや在宅ワークに関する情報を発信することですべての働きたいママを応援します。

関連する
サービス

【 貢献する目標 】

  • 【1.1】 2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。
  • 【1.2】 2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。
  • 【1.5】 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。

ICTを活用した在宅勤務の推奨

image

チャットツールやWEB会議システム等のICTシステムを活用することで、在宅勤務での正社員雇用を実施しています。オンライン上での情報共有や業務管理に関するノウハウを社内に蓄積し、子育て中の方や遠方に住む方が活躍できる環境を構築しています。

横田 麻生

人事採用部 採用企画課

横田 麻生

Wizには私を含めてすでに10名以上の在宅社員がいるので、稼働体制もバッチリ。スムーズに仕事が始められました!勤務中は部署のメンバーとTV電話でずっと繋がっていて、わからないことがあれば都度確認することができています。私のようなママさんはもちろん、介護などで通勤が困難なため働きたくても働けないジレンマを抱えている方には、新たな選択肢として在宅ワークという働き方を知ってもらえたらなと思います。

【 貢献する目標 】

  • 【5.b】 女性のエンパワーメント促進のため、ICTをはじめとする実現技術の活用を強化する。

女性管理職の登用、公正な評価・表彰制度の整備

image

実力主義を掲げ、年齢や性別に関わらず、成果を残せば昇進や昇格が望める公正な評価体制を構築。責任者の約4割を女性が占め、女性が活躍できる環境が整っています。また、定期的に社内表彰式を開催しているほか、期間中に活躍した社員を表彰する「Wiz 3 Monthly MVP」制度を導入することで、従業員がモチベーション高く働ける環境を整備しています。

【 貢献する目標 】

  • 【5.1】 2030年までに、あらゆる場所におけるすべての女性および女子に対するあらゆる形態の差別を撤廃する。
  • 【5.5】 2030年までに、政治、経済、公共分野でのあらゆるレベルの意思決定において、完全かつ効果的な女性の参加および平等なリーダーシップの機会を確保する。
  • 【8.5】 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。

若年層の採用や管理職登用

image

20代の社員が半数以上を占めており、従業員の平均年齢は28.5歳、責任者の平均年齢は31.9歳と、若い社員が多く活躍しています。若手社員を責任者として抜擢し、チャレンジを推奨する文化が根付いています。

【 貢献する目標 】

  • 【8.5】 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。
  • 【8.6】 2020年までに、就労、就学、職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。