プレスリリース

日本一稼げる在宅ワークの確立を目指し、コール業務と在宅ワーカーを繋げるプラットフォーム「Call Share」のサービスを開始しました


株式会社コールナビ(本社:東京都新宿区高田馬場 代表取締役:山本 桂)は2017年7月20日、在宅で働きたいユーザーと、人手が欲しいコールセンターや、コール業務のある企業をマッチングさせる在宅型コールセンター業務のプラットフォーム「Call Share(コールシェア)」の提供を開始いたします。

Call Share(コールシェア)について

Call Shareは、テレマーケティング業務などを行っている人手が足りないコールセンターなどから業務を請け負い、在宅で働くユーザー(在宅テレワーカ ー)にその業務を実施してもらうマッチングサービスです。最も稼げる在宅ワークの確立を目指し、大手のコールセンターが運営をサポートします。企業向けには成果報酬型プランからスタートし、リサーチ型、コール単価型、アンケート型などの様々なプランが用意される予定です。

開発に至った経緯

■世の中の働き方の変化

企業に勤めて会社に出社することが当たり前だった時代が、今や、フレックスタイム制や、ノマドワーキングを導入している企業も多く、またインターネットサービスで収入を得て生計を立てている人などもおり、様々な「働き方」の考えが広まっています。また、政府も「プレミアムフライデー」を推奨し、都内では通勤時間をずらす「時差Biz」を展開しているなど、今後、会社に出勤して働くという概念がますます薄れていき、働き方そのものが大きく変わっていくと予測されます。

■在宅ワークの現状

一方、在宅ワークは今でも「単純作業」や「簡単作業」の仕事が多く、生計が立つほどの収入が得られるほどでは無いというのが現状です。特に主婦層は、少しでも家計の足しになればという考えで在宅ワークを選ぶ人が多くいます。また、忙しい家事や子育ての合間を縫ってパートやアルバイトに出るための出勤時間がもったいないから、あるいは自分の好きなタイミングで作業できるからといった時間的拘束を避けるために、在宅ワークを選ぶ人もいます。

そこで私たちは、優秀な人材が自宅という自由な空間で最大の成果を出せる働き方革命を加速させること、そして在宅ワークでも生計が成り立つほど 十分に収入が得られるように高収入の仕事を用意すること、この2つを命題に掲げ、Call Shareというサービスを開発しました。

Call Shareのこれから

リリース前の段階で大手コールセンターと協力し、在宅テレワーカーを数十名配備、テレマーケティングの仕事を実施してもらいました。1件獲得で 50,000円という高収入業務も提供しています。また、テレマーケティング未経験の方にも、しっかりと教育チームが付いてサポートし、在宅テレワーカーを育てる環境が出来上がっており、どなたでも挑戦していただけます。

7月20日より在宅テレワーカーと法人の登録が可能で、仕事の受発注も承っています。
11月下旬には仕事情報の検索や、優秀な在宅テレワーカーの検索などの機能追加も行う予定となっており、相互において仕事のやりとりがさらに加速 することとなります。

Call Shareはすでに在宅でできる仕事をご用意しています。ご登録は無料で、自分が好きな仕事を好きなときにしていただけます。初めての方でも、教育 チームが丁寧にサポートいたします。是非ご活用ください。

今後の展開

事前のマーケティングでは3都道府県で200人以上の在宅テレワーカーの応募がありました。今後は広告などを使って募集を全国に広めていき、1年間で10,000人の登録者数を目指します。また法人登録についても1社あたりおよそ500ユーザーの仕事があると想定し、まずは20社の登録を目指します。

サイト概要

【サイト名】Call Share
【ユーザー向けURL】https://share.callnavi.jp/
【企業向けURL】https://share.callnavi.jp/alliance
【内容】在宅型コールセンター業務のプラットフォーム
【リリース日】2017年7月20日