Wiz Mate

Wizメイト会員規約

第一章 総則

第1条(規約の適用範囲)

株式会社Wiz(以下「運営元」という。)は 、本「ワイズメイト会員規約」(以下「本規約」という。)に従い「ワイズメイト」(以下「本サービス」という。)を運営するものとします。

第2条(規約の変更)

運営元は、本規約を変更することができるものとします。また、当該変更が会員(第4条第2項に定義する。以下同じ。)に通知された場合、以後、会員には変更後の規約が適用されるものとします。

第3条(通知の方法)

本規約にかかる事項について、運営元から会員に対する通知の方法は、運営元が指定するホームページ(URL:https://012grp.co.jp/)上への掲載、書面、電子メール又はその他運営元が指定する方法によるものとします。

第二章 会員

第4条(会員)

  1. 運営元が指定した方法により本サービスへの入会を申し込み、運営元がこれを承諾したことをもって、本規約に基づく運営元との会員契約(以下「会員契約」という。)が成立し、入会手続きは完了するものとします。
  2. 前項に定める入会手続きを完了した者は、ワイズメイト会員(以下「会員」という。)とし、会員には本規約が適用されるものとします。

第5条(変更の届出)

会員は、住所、氏名又はその他会員の情報に変更が生じたときには、速やかに運営元に通知しなければならないものとします。

第6条(会員情報の利用)

  1. 運営元は、入会時に運営元に提出した会員の情報並びに本サービスの利用状況等の情報(以下「会員情報」という。)を、以下の各号のいずれかに該当する場合において利用または第三者に提供することがあるものとし、会員は、これに対し予め同意するものとします。
    • ① 本サービスの運営に必要な場合。
    • ② 運営元が会員に対して、本サービスの変更の案内又は緊急連絡のため、本規約第3条(通知の方法)に定める方法により通知を行う場合。
    • ③ 運営元が本サービスの利用動向を調査し、特定個人の識別が不可能な形式に加工した上で、その分析結果を自ら利用し、又は第三者に提供する場合。
    • ④ 運営元がその取扱商品の情報について郵便、電子メール、ファクシミリ、電話若しくは訪問により配信又は案内する場合。
    • ⑤ 法令の規定に基づき、利用又は提供する場合。
  2. 会員は、運営元が会員情報を、以下のとおり共同利用することにつき、予め同意するものとします。
    • ① 利用する個人データの項目
      ・会員情報、商品の購入履歴
    • ② 共同して利用する者の範囲
      ・以下に掲げる者(以下「共同利用者」という。)とします。運営元及び運営元の親会社並びに親会社の連結子会社
    • ③ 利用する者の利用目的
      ・共同利用者の取り扱う商品情報等の各種情報の郵便、電子メール、ファクシミリ、電話及び訪問による提供並びに案内
      ・共同利用者が取り扱う商品への問い合わせに対するサポート対応
      ・共同利用者が取り扱う商品の企画、開発又は販売のためのアンケート等の調査及び分析
      ・会員が共同利用者に申し込みし、又は共同利用者から購入した商品等を提供、又は保守等を行う上で必要な利用
      ・その他、運営元のプライバシーポリシー(URL:https://012grp.co.jp/)に掲載されている目的
    • ④ 個人データを管理する者の名称
      株式会社 Wiz
      東京都豊島区南大塚 2-25-15
      管理責任者 個人情報保護責任者

第三章 サービス

第7条(サービスの変更・廃止)

  1. 運営元は、会員に対し事前に通知することにより、会員の承諾を得ることなく本サービスの内容を変更することができるものとします。
  2. 運営元は、本サービスを廃止することができるものとします。この場合、運営元は会員に対し、廃止予定日の14日前までにその旨を通知するものとします。

第四章 利用料金

第8条(料金)

本サービスの利用にあたっては、入会金および会費その他の利用料金は一切かからないものとします。

第五章 サービスの停止及び解約等

第9条(退会)

会員は、本サービスを退会する場合、運営元が指定する方法にて申し出るものとし、運営元が承諾した日をもって会員契約が終了し、本サービスを退会するものとします。

第10条(退会後の措置)

会員が本サービスを退会した後も、本条、第11条(免責)、第12条(権利譲渡の禁止)、及び第13条(信義誠実の原則)の規定の効力は存続するものとします。を退会するものとします。

第六章 雑則

第11条(免責)

  1. 運営元の責めに帰すべき事由によらずして本サービスを提供できなかったときは、運営元は一切の責任を負わないものとします。
  2. 運営元は、会員が本サービスを利用することにより得た情報等について何ら保証せず、これらの情報等に起因して会員に生じた一切の損害等に対しても、何らの責任を負わないものとします。
  3. 運営元が会員に対して負う責任は、本規約に規定するものが全てであり、これを超えて、会員が本サービスの利用に関して被った一切の損害について、運営元は理由の如何を問わず責任を負わないものとします。

第12条(権利及び義務の譲渡禁止)

会員は、運営元の書面による事前の承諾なく、本サービスの提供を受ける権利、及び会員として負う義務の全部又は一部を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権又はその他担保に供する等の行為をしてはならないものとします。

第13条(信義誠実の原則)

会員及び運営元は、本規約に規定なき事項及び本規約の解釈に疑義を生じた場合には、信義誠実を旨とし両者協議の上解決するものとします。