社員ブログ

社員ブログ

社会人の出勤、遅刻事情について

まだまだ寒い日が続きますね。
こんにちは。
Wiz広報部 林です。
今回は社会人の朝の遅刻に関するお話をしたいと思います。
20130218
あたりまえですが、朝遅刻することは社会人としてご法度です。
たとえ前日遅くまで仕事をしたとしても、
朝9時出勤であれば、その10分前には最低でも出勤しておかなければいけないです。
なのでサラリーマンの朝は過酷です。
都内の電車模様は言うまでもなく、不意な事故や天候による遅延、
混雑遅延から、体調不良のお客様の介助など、様々な理由で、電車が遅れます。

電車遅延という理由での遅刻なら許されるだろうとお思いですが、
実は電車遅延だろうと朝一番にお客様との商談があったり、
訪問があったり、はたまた先方様から会社に足を運んでくださったりなど
そんな理由で遅れるわけにはいかない問題が沢山あります。

その理由で商談先のお客様をお待たせしてしまったために、
大きな仕事をなくしてしまう事もあります。
もちろん理由が理由の場合は先方も日を改めてくれるという事もあると思いますが、
ある程度の場合は、その日程を調整するために、何人かの人の時間を確保していますから
当日いきなり遅れますでは話にならないわけです。

という事で、サラリーマンの朝は過酷なのです。
つい最近2月の上旬に、また都内に大雪の恐れがあるという日、
前もって鉄道各社は本数を減らして対応したため、
かなりの混雑のため、電車が大幅に遅延していました。
その上に山手線での人身事故!
もう山手線がストップするとパニックです!

駅には人が山のようにあふれかえり、
いつ動くかの確認や、振替がどうなっているかなど、
駅中が人、人、人、、、、

そんな中サラリーマンは振替でどのように向かえばたどりつけるのかを調べて
訪問先や会社に電話をし、電話口で謝り頭を下げ対応する人がホームにあふれかえっていました。
そして何としてでもたどり着くために、あらゆる方法を探しています。
私も当日、何とか会社にたどり着くために
片道7分程度でつく駅に20分もかけて回り道をして向かいました。

遅れる事への危機感を感じているわけです。

仕事によっては少々遅れても問題ないんじゃ、とおっしゃる人もいるかもしれないですが、
遅れてもいい会社も仕事もありません。

就活中の皆さんであれば、面接に遅れるという事は、
自分のイメージダウンに繋がりますよね?

同じ事が会社の看板をしょっている従業員にも言えます。
会社の全体のイメージがその従業員によって損なわれてしまいかねないのです。

とはいえ、電車での事故など突発的なものに巻き込まれてしまった場合は
どうすることもできないと思います。
そんな時は速やかに会社や上司、訪問先の会社様へ一方を入れましょう!

連絡を入れないで遅刻するなどもってのほか!
始業3分前に連絡を入れるなどもNG!
最初から分かっているわけですから、ギリギリ、もしくは最悪間に合わない可能性がある時は
上司に前もって遅れる可能性について連絡を入れましょう。

それが社会人としてのマナーですね!
皆さんも社会人になった際は気を付けておきましょう!
ちなみに会社によっては申告の仕方が違う場合もありますので、
上長の方にどうすればよいかを前もって聞いておくのもいいですね。

『働く』ということ

初めまして、株式会社wizに就職しまして4ヶ月目の谷口です。

私は、今月から広報部に配属させて頂いております。
0205ブログ

何もかもが初めてだらけで、何をするにも先輩方や上司の方々に聞いては
色々な方に迷惑をかけてしまっています。

1度自分で目指したものなので、
精一杯やって、覚えて吸収していこうと思っています。
0205_2

初めてwizに配属された時、私は営業部で研修をさせて頂いておりました。
3か月間という期間の中、それこそ自分の能力の無さに愕然とし悩んだ日もたくさんありました。

しかし、ここの会社の強みというのでしょうか。

どんなに仕事が出遅れていても決して置いてけぼりにしない、
どこが悪いか一緒に考えてそれを示してくれる、
自分1人で働いているのではない、みんなで一緒に働いているんだ。

という、個人個人の意識の高さ。

それが、ここで働く人たちの中に常にあると感じています。
現在の部署になっても、それは変わりません。

働くということは、自分のやりたいこと、目指していることができればそれは素晴らしいことですね。
生活のため、将来なりたい自分になる、欲しいものを買う、それも立派な理由だと思います。

働くことを通して、日々自分が成長できれば自分自身の大切な財産になると思っています。
まだまだ不慣れな部分が多いですが、
思っている自分に近づけるように頑張ってまいります。

ちなみに私は、広報部でまず採用募集のお仕事を担当させて頂くことになりました。
こちらのブログでも度々登場させて頂くことになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログを通して、少しでも皆さんの働く力を引き出せたらとおもっています。
皆様のたくさんのやる気、お待ちしています!

年賀状で振り返る時代と文化

あけましておめでとうございます。
広報部 土館です。
 
早くも1週間が経ち、お正月ムードからは抜け切ったものの、
いまだ年賀状を見てデザインのアイディアをもらっています。
 
最近はメールでの挨拶が多くなってきてますが、
年賀状の歴史は古く明治時代まで遡ります。
ここではなんと明治時代からの年賀状の移り変わりを見る事ができます。
 
「年賀状レトロ美術館」
http://www.fuyuki-nenga.com/museum/
http://www.fuyuki-nenga.com/museum/midoshi/ (巳年特設ページ)
 
その年の時代背景や文化など一目でわかりやすいのが多かったんですね。

欧米の影響かヘビ繋がりでアダムとイブをモチーフにしたり、
adamu

日露戦争時は戦艦が描かれていたり、
senkan

すごろく、なんていうユニークな年賀状もこの頃からあったんですね。
sugoroku
 
 
最後にデザインではないですが、星 新一さんの年賀状の文言をご紹介します。
 
「今年もまたごいっしょに九億四千万キロメートルの宇宙旅行をいたしましょう。
これは地球が太陽のまわりを一周する距離です。
速度は秒速二十九.七キロメートル。
マッハ九十三。安全です。
他の乗客たちがごたごたをおこさないよう祈りましょう。」

 
SF作家らしい視点でなるほどな、と感心しました。
もらった年賀状をじっくり見て、その人の「らしさ」を探すのも楽しみの一つとなりそうです。
 
それでは今年もどうぞよろしくお願い致します。

Wiz初・初詣!!!

こんにちは!
人事部の渡邊です。

1月7日(月)に、Wiz初の、初詣に行って参りました!

場所は、大塚事務所に近い「天祖神社」。
↓↓↓
昔の巣鴨村(今の豊島区のほぼ半分)の鎮守さまで、鎌倉時代末の元亨年間(1321~4)に、
領主の豊島氏が伊勢の皇大神宮の神さまをお迎えしてお祀りしたのが最初だと言われているそうです。

2013年初の、責任者朝mtgに代わり、Wiz責任者陣での初詣!
会社の事、仲間の事、各々お祈りしてきました。
130201

おみくじも引いてきましたよ。

写真は、茂庭取締役です。
運勢はどうだったか、気になるところですね。
130201_2

因みに、私は、、、でした。

良くもなく、悪くもなかったので、「それが一番良いことだ!」と自分に言い聞かせ(笑)、
ありがたく木に結んで参りました!

今年も、良い1年になりますように。

Wiz従業員一同、今年も励んで参りますので、
何卒、宜しくお願い致します!!

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

2013年、1回目の更新は広報部大西が担当致します。

まず初めにお知らせを。
弊社HPが2013年1月1日に大幅リニューアルを行いました。
より皆様に弊社がどのような会社なのかをお伝えするために
試行錯誤した上での大幅リニューアルとなります。

ミュージアムのフォトライブラリーなど
遊び心満載なページもありますので、お時間のある時に
隅から隅までじっくりご覧いただければと思います!

では新年という事もありますので少しばかりお正月的なお話を。
おせち

割と有名な話ではありますが、お雑煮って地方によってかなり内容が異なるってご存知ですか?

私の両親は共に関西出身ですので
お雑煮といえば「白みそ・丸もち・大根・にんじん」だったのですが
関東では「だし・角もち・小松菜」などシンプルなお雑煮がメジャーらしく
知った時には軽くショックを受けたのを覚えています。

調べたところ関西・関東だけでなく東北や九州など
地方や県、さらに地域によっても内容が全く違うようですね。
もし興味があれば一度食べ比べしてみるのも楽しいかもしれませんね。

▼るるぶ お雑煮図鑑
http://www.rurubu.com/season/winter/oshogatsu/column.aspx

【社長ブログ】適材適所の人材配置と、スタッフのやりがいについて

167702

リクエストがあったので、社長ブログを久々に。

いよいよ、10月もあと一週間ですね。
第二フェーズも、あと一ヶ月ちょっとで終わりですね。

従業員一同、苦闘続きでありますが、
会社のスピードに、どこまで全員でついていけるか。
決算月に向けて、更なる会社のテコ入れが必要だと感じる日々でございます。
目標達成に向けて日々精進、頑張っていきましょう!

まずは地道に、
一歩一歩的確に、
適材適所の人材配備で
大きな仕事に挑めるチームを作ること。

一人ひとりが挑戦できる環境を作ること。
失敗を恥ずべく実力に転換していくこと。
半年後、二年後、五年後、十年後、
未来を見据えて取り組むこと。

成長を目指し、結果を残したスタッフには大きな評価と大きな糧が与えられる環境を作ること。
そんな訳で社員旅行で沖縄に行って来ました。
楽しい思い出はこちら

8ページ中
8ページ目