社員ブログ
社員ブログ

2年連続受賞!Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2017にWizが入賞しました!

2018.01.26 | Wiz

こんにちは、Wiz人事広報部の林です。
今回、『最も輝く女性、最も女性が活躍する会社』を選ぶ、Forbes JAPAN WOMEN AWARDにおいて、2016年度に引き続き、2017年度もWiz社が選ばれ、受賞させていただくことができました!Wizを選出くださった皆様、本当にありがとうございます。
今年度の授賞式には、代表の山崎と私が出席をさせていただきましたので、その模様をお伝えさせていただきます。

Forbes JAPAN WOMEN AWARDとは

Forbes JAPAN WOMEN AWARDとは─ “働きやすさ”ではなく“真の女性活躍”を目指す。最も輝く女性、 最も女性が活躍する会社を選出し、女性向けのライフキャリア支援事業を展開するLiB社の協力のもと、世の中に影響を与える功績を残した女性、女性が活躍する環境をつくる企業を表彰するアワードになります。2016年度に立ち上がったこのアワードは、今回で2回目の開催となります。

受賞概要

Wiz社では、「企業部門・規模別ランキング 300名以上1000名未満の部」で、2016年度に引き続き、第7位で受賞させていただくことができました。名だたる大手企業様の中で、設立5年を迎えたまだ若い会社であるWiz社が一緒に表彰されることは、本当に名誉なことです。

Wizは設立当初より、「優秀な女性はどのフェーズであっても、優秀であることに変わりが無く、働きやすい環境やポジション、制度が揃えばキャリアを活かして活躍してくれるはず――。」 という考えから、女性の雇用を積極的に行ってきました。それに伴い、制度や福利厚生の見直し、女性の管理職登用や、ママさん採用、そしてそれらの従業員の生活環境に配慮した働き方を提示し多様化を図ってきました。この取り組みによって、この5年間あまりで全従業員の中で女性は48%という半数近くを占める割合となっています。
そういった設立当初からの女性の働く環境づくりや雇用促進、また、在宅ワークを推奨するコールシェアや、ママの求人などのメディアの発信などが高く評価いただけたのではないかとうれしく思っております。

活躍する女性が多数表彰!豪華ホテルでの表彰式の模様!

2017年度表彰式の会場は、東京でも有数の豪華ホテルである、ザ・リッツカールトン東京のホールにて行われました。

会場はシャンデリアやスポットライトがきらめく、美しくそして華やかな雰囲気。昨年には無かった、JAPAN WOMEN AWARDのモニュメントが中央に設置され、光と音楽の美しい演出でスタートされました。

表彰式の前に、アメリカに拠点があるWoman’s Startup LabのCEO・堀江愛利さんと、同じくアメリカのNestにてCTOを務める松岡陽子さんによる対談動画が公開されました。シリコンバレーの最前線で働く日本人女性であるお二人による、貴重な対談映像を見ることができました。

松岡さんは、16歳でテニスプレイヤーを目指し単身で渡米。ロボット工学と神経科学の研究者であり、Google Ⅹの共同創業者でもある華々しいキャリアの持ち主です。アメリカの企業、それも重役として働いている女性と聞くと、私たちとは全く別の世界の人のような印象を抱いてしまいます。しかし実際には、「海外で働いているから」「CTOだから」ということは関係なく、自身のキャリアや仕事と家庭のバランスについて、私たち日本で就業している女性会社員と悩みや課題が同じであることが印象的でした。今いる環境下で女性としてどうやって自分らしく働くか、キャリアを見つけていくべきか――。パワーハラスメントや子供や家庭を抱えながら働く環境の中で、女性であれば誰でもぶつかるこの問題に対して同じように悩み、向き合ってこられたこと。その解決の糸口が松岡さんのインタビューからうかがい知ることができました。

そして、いよいよForbes JAPAN WOMEN AWARD 2017表彰式の始まりです。
アワードには個人部門と企業部門があり、企業部門規模別の表彰から行われました。企業部門は部門別と規模別のランキングがあり、規模別のランキングから発表されました。規模別ランキングは、「従業員数1000名以上の部」「従業員数300名以上1000名未満の部」「従業員数300名未満の部」の3部門で構成されています。Wizがノミネートされているのは「業員数300名以上1000名未満の部」。Wizの名前が呼ばれるか、代表の山崎と共に若干緊張しながら発表を待ちます。

結果は、なんと7位入賞!2年連続での受賞となりました。

代表の山崎も壇上に上がり、受賞企業の皆さんと記念撮影をおこないました。


同部門では、ユニリーバ・ジャパン株式会社様が1位を受賞されていました。その他にも著名な企業が受賞者として名を連ねる中で7位という結果を収められたことは、創業当初から取り組んできたことが、少しずつ実を結んできたように感じられました。

従業員数1000名以上の部ではイケア・ジャパン株式会社様、従業員数300名未満の部では株式会社FEEL CONNECTION様が、それぞれの部門で1位を受賞されていました。

その後は個人部門の発表に移り、日本の企業や組織で活躍する女性が、「グランプリ」「ヒットメーカー」「キャリアチェンジ」「ルーキー」「チェンジメーカー」の各部門で表彰されていました。皆さん、自分自身の経験や強みを活かして積極的に活動されており、同じ女性として感銘を受けました。

最後に、企業部門の部門別ランキングの発表です。「働き方改革賞」「人材開発賞」「ビジョン推進賞」の3つのテーマに沿って、目覚ましい成果を遂げた企業が表彰されました。表彰された企業はいずれもオリジナリティに溢れた取り組みをおこなっておりました。

表彰式の後には、スペシャルゲストとして宇宙飛行士の山崎直子さんが登場しました。

お話の中で出てきた「愛情の反対は無関心・当たり前の反対はありがとう」という言葉は、女性として、また母としての強さを感じる印象的な言葉でした。

表彰やトークショーの熱気を残しつつ、授賞式は幕を閉じました。終了後には、意見交換などで親睦を深めている方も多数いらっしゃり、企業同士の良い交流の場でもあったと思います。

今回の受賞を受けて

授賞式に出席したことで、女性の社会進出や働き方の改革を進めている企業が増えていることを肌で感じ、とても良い刺激を受けることができました。女性が長く働き活躍できる環境を目指してきたWizにとって、今回もこのような素晴らしい賞を受賞できたことは、順位以上に大きな成果となったのではないでしょうか。今後も従業員一人ひとりの可能性を信じ、全ての従業員が活躍していける企業を目指して参ります。